※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>創造論ネタ>Appeal to consequence

Appeal to consequenceを使う創造論者たちとインテリジェントデザイン支持者たち


反進化論な主張として、詭弁のひとつ"Appeal to Consequences"(進化論を信じるとこんな悪いことが起きる)がある。これを使わない創造論者・インテリジェントデザイン支持者はあまりいない。


その例が、 wikipedia:Objections to evolution に挙げられている。

まずは、典型的な"Appeal to Consequence"である創造論者たちの主張。いずれも、創造論関連商品販売業者である:
Creationist Ken Ham likens evolution to a horde of termites, weakening society's foundation. In Why Won't They Listen?, Ham suggests that "evolutionary termites" are responsible for pornography, homosexual behavior and lawlessness. He also writes, "I'm not saying that evolution is the cause of abortion or school violence. What I'm saying is that the more a culture abandons God's word as the absolute authority, and the more a culture accepts an evolutionary philosophy, then the way people think, and their attitudes, will also change."[99]

創造論者Ken Hamは進化論を、社会的基盤を弱体化させるシロアリの大群になぞらえた。"Why Won't They Listen?"において、Ken Hamは、進化論的シロアリが、ポルノグラフィーやホモや無法行為の元凶だと示唆した。Ken Hamは次のように書いた。「私は進化論が妊娠中絶や校内暴力の原因だと言っているのではない。絶対的権威としての神の言葉を捨てるような文化が広まり、進化論的哲学を受け入れる文化が広まれば、人々の考え方や態度が変化するのだと、私は言っているのだ。


...

It is claimed that many perceived social ills like crime, teen pregnancies, homosexuality, abortion, immorality, wars, etc. are caused by a belief in evolution.[96]

Henry Morrisは、犯罪やティーンの妊娠やホモや妊娠中絶や不道徳や戦争など多くの社会問題は進化論への信仰によって起きたと主張した。

[96] Morris, H (1982). The Troubled Waters of Evolution. Master Books
"
Henry M. Morris, engineering professor and founder of the Creation Research Society and the Institute of Creation Research, claims that evolution was part of a pagan religion that emerged after the Tower of Babel, was part of Plato's and Aristotle's philosophies, and was responsible for everything from war to pornography to the breakup of the nuclear family.[101]

工学教授でInstitute for Creation Researchの設立者であるHenry M. Morrisは、進化論はバベルの塔のあとに出現した原始宗教の一部であって、プラトン哲学やアリストテレス哲学の一部をなし、戦争からポルノグラフィーまで、そして核家族解体にまで責任があると主張した。

[101] Morris, HM (1989). The Long War Against God: The History and Impact of the Creation/Evolution Conflict. Baker Book House.
「科学の社会に対する影響」を論じるというSTSのレイヤーでの論である。

そしてさらに、進化論を科学ではなく思想扱いにする人々の例:
R. Albert Mohler, Jr., President of Southern Baptist Theological Seminary in Louisville, Kentucky, wrote August 8, 2005 in National Public Radio's forum, "Taking Issue", that "Debates over education, abortion, environmentalism, homosexuality and a host of other issues are really debates about the origin -- and thus the meaning -- of human life.... Evolutionary theory stands at the base of moral relativism and the rejection of traditional morality".[97][98]

Southern Baptist Theological Seminary学長であるAlbert Mohler, Jr.師は、2005年8月8日に、National Public Radio's forumで「教育・妊娠中絶・環境保護主義・ホモ・その他問題についての論争は、まさに人間の起源すなわち人間の意味についての論争である。進化論は道徳相対主義の基盤の上にあって、伝統的倫理を否定する」と主張した。

ここまで来ると、もはや自然科学としての正しさは議論の外側に放り出されている。

もっと単純な例だと:
Former Texas Republican Representative Tom DeLay claimed that the Columbine school shootings were caused by the teaching of evolution. DeLay is quoted as stating that "Our school systems teach the children that they are nothing but glorified apes who are evolutionized [sic] out of some primordial soup."[100]

元共和党テキサス州下院議員Tom DeLayは、Columbine School射殺事件は進化論を教えたことによって起きたと主張した。

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteの戦略ドキュメント"Wedge Document"は次のように記述している。
Yet a little over a century ago, this cardinal idea came under wholesale attack by intellectuals drawing on the discoveries of modern science. Debunking the traditional conceptions of both God and man, thinkers such as Charles Darwin, Karl Marx, and Sigmund Freud portrayed humans not as moral and spiritual beings, but as animals or machines who inhabited a universe ruled by purely impersonal forces and whose behavior and very thoughts were dictated by the unbending forces of biology, chemistry, and environment. This materialistic conception of reality eventually infected virtually every area of our culture, from politics and economics to literature and art.

一世紀少し前に、この基本的な考え方は、現代科学の発見に近づく知識人による大規模の攻撃を受けた。伝統的な神と人間の概念の両方をデバンクし、チャールス・ダーウィンやカール・マルクスおよびジーグムント・フロイトのような思想家は、人間をモラルと精神的な存在ではなく、純粋に非人格な力によって規定された宇宙に居住する動物や機械であって、その挙動とまさに思考が確固たる生物学と化学と環境に支配されていると描写した。現実に対するこの唯物論的考え方は結局、政治家や経済から文学や芸術まで我々の文化の事実上すべてに感染した。
「デバンク」すなわち「創造論が誤りだと示されたことが社会に悪影響を及ぼした。だから社会を良くするために「創造論は正しい」ことにするのだ」と言っているように読める。

アジェンダはここまで強力に踏み来んでいるが、インテリジェントデザイン宣伝映画"Expelled"は"Appeal to Consequences"にとどまっている。

I lost track of the number of times Stalin's image hit the screen, and in the ways the movie equated science with Darwinism with atheism with Hitler or Stalin.

私はスターリンのイメージがスクリーンに出た回数がわからなくなった。そしてその方法で、映画は科学とダーウィニズムと無神論とヒトラーとスターリンを同一視する。
...
Most despicably, Stein, a Jew, invokes the Holocaust, making the Hitler-was-a-Darwinist argument, this AFTER he's used the Holocaust denier's favorite trick, probabilities, "math," to show how remote the chances are that life was created by natural, not supernatural processes. There were plenty of reasons eugenics caught on as an idea among certain nationalist-conservative and even scientific circles in the early 20th century, and most of them have nothing to do with Darwin.

ユダヤ人であるBen Steinは最も卑しくも、ホロコーストを呼び出して、「ヒトラーはダーウィニストだ」論を展開する。この後で、Ben Steinは、確率と"数学"という、ホロコースト否定論者の大好きなトリックを使って、超自然のプロセスではなく自然のプロセスで生命が創造される可能性がいかに小さいかを、示す。20世紀初頭において自然主義保守や科学界で優生学が受け入れられた理由はさまざまだが、その大半はダーウィンとは何の関係もない。


なお、上記の創造論者の主張に特に根拠はない。現時点のwikipedia:Objections_to_evolutionには幾つかの例が挙げられている:
Supporters of evolution dismiss such criticisms as counterfactual, and some argue that the opposite seems to be the case. There is a published study by author and illustrator Gregory S. Paul demonstrating that religious beliefs, including belief in creationism and disbelief in evolution, are positively correlated with social ills like crime.[108]

進化論支持者は対抗ファクチュアル(事実のようなもの)だと否定し、ときには逆の実例もあると論じる。著述家でイラストレータであるGregory S. Paulは、創造論信仰や進化論否定を含む宗教信仰と犯罪のような社会的病理が正の相関を持つという研究を発表した。


The paper was criticized by Moreno-Riano, Smith, and Mach in a published article in the same journal because "[Paul 's] methodological problems do not allow for any conclusive statement to be advanced regarding the various hypotheses Paul seeks to demonstrate or falsify." Of course, correlation does not imply causality, and Paul does not produce any speculations about the cause of these correlations.

Paulの論文が掲載された学術誌に掲載された論文で、Moreno-Riano, Smith, and Machは、Paulの方法論に問題があり、Paulが示そうとした仮説や否定しようとした仮説について結論に至れないと批判した。

The Barna Group surveys find that Christians and non-Christians in the US have similar divorce rates, and the highest divorce rates in the US are among Baptists and Pentecostals, both sects which reject evolution and embrace creationism.[109]

Barna Groupの調査によれば、米国におけるキリスト教徒と非キリスト教徒で、離婚率に違いはなく、バプテストとペンテコステが最も離婚率が高く、これらはいずれも進化論を否定し、創造論を信じる。