※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CB200.3:
The biochemistry of protein transport within a cell is irreducibly complex, indicating that it must have been designed.
細胞の中のタンパク質輸送の生化学は還元不可能な複雑さを持つので、それが設計されたはずであることを示す。

Source:
Behe, Michael J., 1996. Darwin's Black Box, New York: The Free Press, pp. 98-116.

Response:
  1. Beheがシステムの複雑さを記述しているが、タンパク質輸送は複雑である必要はない。幾つかのタンパク質は自らの分泌を指示できるので、輸送メカニズムは必要ない(Ussery 1999の参考文献参照)。確かに、小胞輸送[ゴルジ小胞の交換]の先行形態として機能する他の単純なシステムも可能である。
  2. 真核生物細胞の輸送に関係するタンパク質の多くの祖先分子が、細菌の中にある。これらの分子であるABC輸送体は、もっと単純なシステムで維持される。もしBeheが最も単純で機能を達成するシステムに興味があるなら、何故それらに言及しないのか?
  3. 還元不可能な複雑さ自体は進化の障害ではなく、デザインを意味しない。

References:
  1. Ussery, David. 1999. A biochemist's response to "The biochemical challenge to evolution". Bios 70: 40-45.