※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CB200.2:
The biochemistry of blood clotting is irreducibly complex, indicating that it must have been designed.
血液凝固の生化学は還元不可能な複雑さを持つので、それが設計されたはずであることを示す。

Source:
Behe, Michael J., 1996. Darwin's Black Box, New York: The Free Press, pp. 74-97.

Response:
  1. 血液凝固系は手頃な長い重合ブリッジ[分子間の橋かけ]なら何をでも使って組み立てることで、出現する。有効ではあるが全く異なった部品の中で、全く異なった役割を果たしてた部品から、複雑なシステムが構成された多くの例がある。血液凝固の遺伝子(実際に、ゲノム全体)が進化の過程で2度にわたって重複したという証拠がある(Davidson et al. 2003)。パーツの重複と異なる機能を持つパーツのコオプションによって、還元不可能な複雑さの挑戦を迂回して、漸進的に進化できる。
  2. 血液凝固は還元不可能に複雑ではない。たとえばイルカなど幾つかの動物では、ハーゲマン因子がなくてもちゃんと機能する(Robinson et al. 1969)。このハーゲマン因子は人間の血液凝固系の部品であり、Beheが還元不可能な複雑さに含めたものである(Behe 1996, 84)。Doolittle and Feng (1987)は、下等な脊椎動物の血液凝固には接触経路が欠けている予測した。そしてフグとミノカサゴのゲノムの研究で、これが確かめられた(Yong and Doolittle 2003)。
  3. 還元不可能な複雑さ自体は進化の障害ではなく、デザインを意味しない。

References:
  1. Davidson, C. J., E. G. Tuddenham, and J. H. McVey. 2003. 450 million years of hemostasis. Journal of Thrombosis and Haemostasis 1: 1478-1497.
  2. Robinson, A. J., M. Kropatkin, and P. M. Aggeler. 1969. Hagemann factor (factor XII) deficiency in marine mammals. Science 166: 1420-1422.
  3. Doolittle and Feng 1987. Progressive sequence alignment as a prerequisite to correct phylogenetic trees. J. Mol. Evol., 60:351-360.
  4. Yong and Doolittle 2003,




詳細は以下参照: