※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CB200.4:
The human immune system is irreducibly complex, indicating that it must have been designed.
人間の免疫系は還元不可能な複雑さを持つので、それがデザインされたはずであることを示す。

Source:
Behe, Michael J., 1996. Darwin's Black Box, New York: The Free Press, pp. 117-139.

Response:
  1. 人間の免疫系の補体系は還元不可能に複雑ではない。尾索類には機能する補体系があるが、カスケードの部品を欠いている。
  2. 遺伝子重複や他の役割を果たす分子のコオプションのような一般的なメカニズムにより、免疫系は自然に進化可能である(Kasahara et al. 1997; Lindsay 1999; Travis 1998)。
  3. Beheは幾つかの基礎的な生物学を間違っている。Behe(1996,134)が言うようには、細胞膜に穴があけられた時に突入してくる水によって細菌は破壊されない。化学的勾配によって破壊される(Ussery 1999)。
  4. 還元不可能な複雑さ自体は進化の障害ではなく、デザインを意味しない。

References:
  1. Kasahara, M. et al., 1997. Chromosomal duplication and the emergence of the adaptive immune system. Trends in Genetics 13(3): 90-92.
  2. Lindsay, Don, 1999. How could the immune system evolve?
  3. Travis, John, 1998. The accidental immune system. Science News 154: 302-303.
  4. Ussery, David. 1999. A biochemist's response to "The biochemical challenge to evolution". Bios 70: 40-45.