※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>インテリジェントデザイン概説> フロントローディングをめぐって >宇宙版インテリジェントデザイン

Newtonな神学に陥る宇宙版ID+通常版ID


科学用語ではなく神学用語フロントローディングと介入という言葉の意味は以下のようなものである。
フロントローディング(Front loading)
初期値・物理法則などの形で、創造主が手を入れること。もちろん、偶然、そういう初期値や物理法則になっているのか、神様が考え抜いた末にそうなったのか識別できない。この場合、神様がたとえ本当に考えまくっていたとしても、神様がいてもいなくても、科学上の説明には影響しないので、余計なものとして、オッカムの剃刀の原則に従って、神様は説明用には不採用となる。
介入(intervention)
簡単で、超自然から何らかの形で自然界に手を出して、何かを置いたり操作したりすること。自然法則を無視しているので、人間が全知であれば奇跡として認識できる。もちろん、人間は全知ではないし、自らが全知であることを証明する方法もないので、"God of the gaps"論として、神の介入を主張することになる。

フロントローディングでは、科学の版図内に神は存在しなくなるので、インテリジェントデザイン"理論"は、証明可能性は別として、介入を選択せざるを得ない。

そして、通常版インテリジェントデザイン(生物)は、介入を基軸としている。これに対して、宇宙版インテリジェントデザインは、どっちだかわからない記述になっている。あくまでも、YEC(若い地球の創造論)ともOEC(古い地球の創造論)とも矛盾しないようにしようとして明言できなくなっているようなのだ。一応、明示的に介入したような記述にはなっていないので、宇宙版ID批判サイドはフロントローディングと解釈して、批判している。

なお、通常版インテリジェントデザインである反進化論も、明確ではない。エネルギー保存則を守ろうとすると、明示的な介入(鶏を置くとか、卵のDNAをこっそり修正するとか)ができない。YEC的な原則である「エネルギー保存則は創造6日間の後は完全に機能する」を捨ててしまえば、何でもありなのだが、そのあたりは明言されていない。ただ、適応関数とか突然変異の仕掛けとかのフロントローディングの形でデザインを持ち込もうとすると、オッカムの剃刀の原則でデザイナーは科学の説明の中に居場所がなくなる。従って、"気分"的には、介入だと思われる。

で、フロントローディングな宇宙版インテリジェントデザインと介入な通常版インテリジェントデザインを接続したときの、"科学"は....... 何もない。初期条件と"God of the gaps"なので科学として何も内容はない。しかし、"神学"はある。それも、とってもNewtonな神学が。

Newtonの神とLeibnizの神の対立点はあくまでも神学

Newtonな神学とは、宇宙は建て直しを必要とし、神の奇跡によって建て直しがなされないと維持できないという考えで神の存在を証明しようとしたもの。Newtonは惑星軌道の安定性にそれを求めた。そして、惑星軌道の安定性という隙間は、Lagrangeによって埋められてしまった。また、[J.H. ブルック: 科学と宗教 pp.161-165]。

このNewtonとLeibnizの論争は、進化論や宇宙における地球の位置などキリスト教と絡むネタについてでもなければ、神の存否についてものですらない。神の直接介入なしに現在の宇宙が存在しうるかどうかという、科学ではなく神学の戦いである。

そもそも、機械仕掛けの宇宙という機械論そのものは、そのような精緻な機械を創造できた神を讃えるものでもある。しかし、それは神をデザイナーにしてしまった。そうなってしまうと、「神の直接介入は神の職人としての技量の低さを示すもの」というLeibnizの主張はむしろ有神論的には適切だ。なお、 Leibnizの主張はキリスト教の枠外たる理神論的であるが、Leibniz自身は理神論者ではなく、キリスト教の枠内にとどまる。

問題は、機械仕掛けの宇宙そのものに神を感じることはできても、神の姿が見えないことだ。神の直接介入、すなわち奇跡がないなら、神の顔を人が見ることなどありえない。だからこそ、Newtonは機械論の隙間に神の姿を見出そうとした。

繰り返しになるが、結局は「賛美に値する技量の高い神は顔が見えない。顔が見える神は、技量が低い。」という問題に直面する。どちらの神学を選択するかは、科学とは無関係。神が賛美に値する高い技量を持つべきだと言うのも、あまたある神学のひとつであって、唯一絶対正しいものではないだろう。


宇宙版インテリジェントデザインは技量の低い神

このLeibnizのツッコミがそのまま宇宙版ID+通常版IDにあてはまってしまう。

  • デザイナーは宇宙にほとんど生物が生存できないような自然法則を作った
  • デザイナーは奇跡的なフロントローディングで1個だけ生存可能な惑星を確保した
  • デザイナーはその惑星に生命が自発的に出現するような準備ができなかった
  • デザイナーは最初の生命をその惑星に置いて、やっと生命の歴史が始まった
  • デザイナーは進化によって、生命の多様性を創れなかった
  • デザイナーはたびたび介入して、霊長類にたどり着いた。
  • デザイナーはチンパンジー祖先とヒトの間にも、介入してやっとヒトを出現させた。

「一歩目からデザイナーは間違えているだろう」というのが神学的なツッコミ。どの段階にも、先見の明も、職人的技量も感じられないできの悪さである。

ラリー・ニーヴンとジェリー・パーネルにまかせれば、惑星1個なんてケチなことを言わずに、もっと広大な生存空間を創ることも可能だろう。しかし、デザイナーの想像力と創造力はチンケだったようだ。

結局は、高い技量を持つ賛美に値する神様は"顔が見えない"神様で、"顔の見える"神様は技量が低いという原則に立ち返るということだろう。

そして、「宇宙版ID+通常版ID」の神学は「顔が見える神は、技量が低い」というものだ。そのような神学を選択することそのもに非はない。それを科学だと主張しない限り、何の問題もない。