※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CI401
The methodology of science limits itself to considering only natural causes. This rules out the possibility of design as a cause, even though inferring design, consistent with scientific methods, is logically based on data observed in nature.

科学の方法論は、科学自身を自然の原因のみを考えるように限定している。たとえ、科学的方法と整合しているデザイン推論が論理的に自然界の観測データに基づいていたとしても、原因としてのデザインの可能性を除外する。


Response:
  1. この主張は明白に間違いである。科学は考古学や法医学などのように、幾つかの状況で、デザインを検出可能かつ実際に検出している。デザイン理論家自身が、デザインを検出できる証拠として、そのような例を挙げている[Dembski 2002]。人間によるデザインが検出可能であるのに対して、インテリジェントデザインを考慮することが除外されるのは、インテリジェントデザイン支持者がインテリジェントデザインの意味するものをポジティブに述べていないからである。
  2. 科学は自然の原因のみを考慮することに限定されているわけではない。おそらく自然の原因をもたないと思われる現象についての科学的研究が多くある。たとえば、祈りの力[Astin et al. 2000; Cha et al. 2001; but see Flamm 2004, 2005; Krucoff et al. 2005]や予言[nright 1999; Randi 1982]や死後の生[Schwartz et al. 2001]である。科学が問題にするのは、現象が自然(自然という言葉が何を意味するにせよ)であるかではなく、観測が客観的かつ信頼できる形で、第3者が検証可能かどうかである。

Links:
  1. Isaak, Mark, 2002. A philosophical premise of 'naturalism'?

References:
  1. Astin, J. A., E. Harkness and E. Ernst. 2000. The efficacy of "distant healing": a systematic review of randomized trials. Annals of Internal Medicine 132(11): 903-910.
  2. Cha, K. Y., D. P. Wirth, and R. A. Lobo. 2001. Does prayer influence the success of in vitro fertilization-embryo transfer? Report of a masked, randomized trial. Journal of Reproductive Medicine 46: 781-787.
  3. Dembski, William A. 2002. Becoming a disciplined science: Prospects, pitfalls, and reality check for ID.
  4. Enright, J. T. 1999. Testing dowsing: The failure of the Munich experiments. Skeptical Inquirer 23(1): 39-46.
  5. Flamm, Bruce. 2004. The Columbia University "miracle" study: Flawed and fraud. Skeptical Inquirer 28(5): 25-31.
  6. Flamm, Bruce. 2005. The bizarre Columbia University "miracle" saga continues. Skeptical Inquirer 29(2): 52-53.
  7. Krucoff, Mitchell W. et al. 2005. Music, imagery, touch, and prayer as adjuncts to interventional cardiac care: the Monitoring and Actualisation of Noetic Trainings (MANTRA) II randomised study. Lancet 366: 211-217.
  8. Randi, James. 1982. Australian Skeptics 1980 divining test. The Skeptic 2(1): 2-6.
  9. Schwartz, Gary E. R., Linda G. S. Russek, Lonnie A. Nelson and Christopher Barentsen. 2001. Accuracy and replicability of anomalous after-death communication across highly skilled mediums. Journal of the Society for Psychical Research 65(862): 1-25.
  10. Wiseman, R., J. Beloff and R. L. Morris. 1996. Testing the ESP claims of SORRAT. Skeptical Inquirer 20(5): 45-46,61.