※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CI010:
Information cannot be created by either natural processes or chance, so there is a law of conservation of information.
自然の過程でも偶然でも情報は創れないので、情報量保存則が存在する。

Source:
Dembski, William A., 1999. Intelligent Design: The bridge between science and theology. Downers Grove, Ill.: InterVarsity Press.

Response:
  1. Dembskiは情報量をShannonの不確かさとして定義しているが、これはエントロピーと等価である。我々はエントロピーは増加可能かつ増加していることを知っている。したがって、Dembskiの情報量保存則は誤りである。
  2. 知られている情報理論(Shannon et alの統計理論やKolmogorov, Chaitin, and Solomonoffのアルゴリズム理論など)には情報量保存則はない。William Dembski and Werner Gittは独自に非標準な情報理論を作ったが、いずれも科学および工学で使われていない。また、情報理論の研究者たちの大多数から、その主張は支持されていない。
  3. もし情報量保存則が存在したとしても、それは進化を禁じない。情報は環境から生物へと自然選択などの過程で運び込まれる。
  4. 普通は、物理法則は、非常に多くの条件のもとで独立したソースで検証・確認されてから、法則として考えられるようになる。いかなる検証もなしに新たな物理法則を主張するDembskiは最高の傲慢である。

Links:
  1. Elsberry, Wesley, and Jeffrey Shallit, 2003. Information theory, evolutionary computation, and Dembski's "complex specified information".
  2. Stenger, Victor J., 2000 (Dec.). The emperor's new designer clothes. Skeptical Briefs,