※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「適応の設問」


問題1: とあるユースバスケットボールチームが今シーズンは、前シーズンよりも、試合当たりの得点数が増加した。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明に類似しているだろうか?

(a) 夏の間に背が伸びたメンバーがチームに帰ってきた。
(b) ワンシーズン以上、そのスポーツに参加したアスリートは能力を高める。
(c) 今シーズンは、より多くの人々が、チームに参加しようとした。
(d) 平均して、チームメンバーは今シーズンは、よりハードに練習した。



問題2: とある雑誌の発行部数が昨年より増加した。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明に類似しているだろうか?

(a) 執筆陣は昨年と同じだが、記事数を減らした。
(b) 執筆陣の文の長さと複雑さが、執筆原稿を長くした。
(c) 編集部がより一生懸命に働くと誓った。
(d) 執筆陣が年とともに成熟してきた。



問題3: とある私立高校で、SAT平均点が30点増加した。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明に類似しているだろうか?

(a) SAT得点が増えた生徒に、$100の報償を出すことにした。
(b) 高校が入学基準を変更し、卒業生に血縁者がいる場合といない場合を同一条件にした
(c) 前回のテストの後、帰ってきた生徒たちは知識を増やしていた。
(d) 試験を受けるたびに、生徒の得点は増加する。



問題4: : とある交響楽団が今シーズンは昨シーズンよりも、重要な称賛をうけるようになった。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明に類似しているだろうか?

(a) 演奏者のスピードと正確さにより、楽器演奏時間が長くなった。
(b) 昨シーズンよりも、メンバーの音感が正確になった。
(c) 交響楽団の空席を、最近解散したオーケストラの主要なメンバーで補充した。
(d) 今年はリハーサル以外の演奏者の練習時間を2倍にした。



問題5: : おもちゃ会社が子供がジグソーパズルを完成する速さについての長期的な調査を行ったとしよう。そして、1年以内に調査に参加した子どもたちは、研究当初よりも2倍の速さで完成するようになることを発見したとしよう。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明に類似しているだろうか?

(a) 研究機関を通じて、子供たちの脳が成長して、発達し続けた。
(b) 子どもたちはパズルの作業に関心を持つようになって、完成しようという動機が強くなった。
(c) パズルを完成する能力は、時間とともに増大する。
(d) パズルを完成する作業が嫌いな子供たちは、研究から脱落した。





補足


選択肢は、意図・成長・力・選択のアナロジーになっている。4つの選択肢の中から、選択のアナロジーを選ぶ問題で、理由は不要。

日常生活では、意図・成長・力・選択のすべてが機能しているので、"良き状態"を実現した原因としては、どれも正しいかもしれない。しかし、あくまでも"良き状態"を実現した原因を答えるのではなく、原因として想定される4つの理由の中で、"選択"な効果を選ぶ問題。