※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>世論調査

地球温暖化について民主・共和党支持者の世論推移


Gallup Pollによる1997年からの地球温暖化についての世論調査から、民主・共和党支持者による違い。

1997年には大きな差異がなかった民主・共和党支持者だが、次第に差異が大きくなってきているが、ここ2年程度は落ち着いてきた。


「地球温暖化は既に起きている」と回答した共和党・民主党支持者の比率

「地球温暖化は誇張されている」と回答した共和党・民主党支持者の比率

Already happening Exaggerated
Party Republicans Democrats Republicans Democrats
2013/04 39 67 64 17
2012/03 40 65 67 20
2011/03 32 62 67 22
2010/03 29 70 66 25
2009/03 32 68 66 22
2008/03 42 76 59 18
2007/03 46 70 57 16
2006/03 45 70 51 15
2005/03 41 64 51 16
2004/03 42 57 60 22
2003/03 42 60 53 20
2002/03 47 57 49 17
2001/03 49 60 43 18
1997/11 46 47 34 23

また、米国人全体では...

Already happening within a ten years within your lifetime future generation never
2012/03 52 4 10 15 15
2011/03 49 4 9 17 18
2010/03 50 3 10 16 19
2009/03 53 5 10 15 16
2008/03 61 4 10 13 11
2007/03 60 4 7 15 11
2006/03 58 5 10 15 8
2005/03 54 5 10 19 9
2004/03 51 5 12 18 11
2003/03 51 6 12 17 10
2002/03 53 5 13 17 9
2001/03 54 4 13 18 7
1997/11 48 3 14 19 9



政党支持による世論の乖離



共和党・民主党の政治的価値の差異
1987 10%
1988 9%
1990 10%
1994 11%
1997 9%
1999 11%
2002 11%
2003 14%
2007 14%
2009 16%
2012 18%

As Americans head to the polls this November, their values and basic beliefs are more polarized along partisan lines than at any point in the past 25 years. Unlike in 1987, when this series of surveys began, the values gap between Republicans and Democrats is now greater than gender, age, race or class divides.

2011年11月に世論調査で米国人の価値観と基本的信念は、過去25年間のどの時点でより政党支持による二極化が大きい。 この世論調査が始まった1987年とは異なり、現在は共和党と民主党の乖離が、性別・年齢・人種・クラスなどのも乖離よりも大きくなっている。