※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「HEINZハインツのデミグラスソース」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

HEINZハインツのデミグラスソース」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 HEINZハインツのデミグラスソース 2008年10月25日 (土)
 
 #image(20081025_heinz.jpg)
+Canon EOS Kiss Digital X
+2008/10/24 14:28:59
 
 左の特選デミグラスソースは、普通の(特選ではない)デミグラスソースよりも、
 肉と野菜の旨みたっぷりで、深い味わい。
 フォンドヴォー(仔牛と野菜などをじっくり煮込んだダシ汁)を贅沢に使用しています。 
 
 右のシェフソシエ・デミグラスソース。
 吟味した肉と香味野菜の旨みに赤ワインを加え、深いコクを引き出してあります。
 プロ仕様のデミグラスソース。どちらもハインツのもの。 
 
 これは290グラム缶ですが、実家では3キロ缶で購入していたようです。
 当たり前に見ていたバケツのような大きな缶ですが、
 一人暮らしをして自炊するようになると、あの大きな缶はスーパーで見かけることもなく、
 レストランの厨房でしかお見かけしませんね。 
 
 洋風の煮込み料理の登場が多い食卓で、
 ビーフシチューは特別な料理というより、
 良く食べるシチューでしたから、大人になってから自分で作るようになり、
 こんなに手間も費用もかかるものだったのかと驚いたものです。 
 
 もっと高価なデミグラス缶はありますが、スーパーで手に入って、
 美味しく手頃なお値段ということを考えると、
 ハインツのデミグラスソース缶はとても便利で、この2種類を愛用しています。
 
 ビーフシチューと煮込みハンバーグには欠かせません。 
 
 おいしいもの