※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暑さを癒やすミントティ


2008年9月2日 (火)
Canon EOS Kiss Digital
2008/09/03 00:25:53

涼しくなったかと思ったのに、東京はまた暑くなっちゃって、残暑厳しい一日でした。

ちょうど昨日から冷蔵庫で水出しミントティを作っていたので、帰宅してから夢中で飲んでしまいました。

ミントティはまさに清涼ドリンク。すぅ~っと身体に染み入る爽やかな飲み口は水出しならではの美味しさです。

今日は朝から夜まで出かけていたのでヘトヘトになり帰宅し、ポストを開けるとHさんからお手紙が届いてるぅ~(*^-^*)♪ラン♪♪ラン♪♪
このお話はまた後日。

慌ただしかった夏も、今週で一段落つきそうです。

差し迫っての悩みは、お気に入りの美容師Aさんが今月お店を辞めてしまうこと。
しかも、故郷宮城に帰ってしまうとのこと。

Aさんとはそれほど長いお付き合いではないのだけれど、そちらの美容室ではトリートメントとセットだけをお願いして、いつもAさんを指名しています。

仕事で撮影がある時は、必ずAさんにセットをしてもらってから現場に向かいます。
撮影と言っても、私の姿にカメラが向けられるわけではありませんが、やはりヘアスタイルが決まっていると気持ちもシャンとするので、大事なお仕事がある時にだけAさんにお願いしているのです。

カットはもう何年も乃木坂の美容室で、君島十和子さんと同じ先生に担当していただいているので、Aさんにはいつもセットだけで申し訳ない気持ちもありながら、やはりAさんのセットでなくては、と思って指名し続けてきました。

多い時には週に何度も行く時も、月に何度かの時も、全然行かない月もあり不定期ですが、Aさんにお会いすることがとても楽しみでした。

7月に、退社のお知らせ葉書が届いてから、私はショックで一ヶ月ほどAさんに会いに行くことができませんでした。

好きならば、お別れがわかっているならば、頻繁に会いに行けば良いと思うかもしれませんが、なぜか私は行くことができなくて。

偶然に先月は撮影のある仕事がなかったこともあり、夏休みやお盆休みがとれないほど多忙なスケジュールだったこともあり、Aさんのことを考えてはいるのに、会いに行けないまま一ヶ月ほど経過し、やっと8月末に美容室に伺いました。

Aさんと会って過ごした時間は 本当に短かったけれど、その時間に交わした会話、笑顔、しぐさ、一つ一つがすべてが鮮明で、これからも忘れることはないと思います。

Aさんは技術的に素晴らしいことはもちろんですが、人間性の高さが魅力でした。自分の髪をゆだねるわけですから、人間的にも信頼できなければ付き合っていけません。

Aさんとは、少ない会話の中でも、仕上がりのイメージを伝え合う会話が成立して、高いテクニックと思いやりから、その折々に合ったケアをしながら、素敵なスタイルに仕上げてくださいました。
私もあまり言葉にはできなかったけれど、指名し来店を重ねることで満足を伝えてきたと思っています。

今日、いつも憧れの女性として登場しているHさんからのお手紙を読んで、Hさんのいつもの美しい文字を見るとホッとさせられます。

美容師のAさんから頂いた葉書に書かれた小さくて可愛らしい、初めて見るAさんの文字は、とてもAさんらしくて、その文字をみると切なくなってしまいます。

Eメイルでもなく、電話でもない、手書きのお手紙が持つパワーですね。

Hさんとだって、そんなに長い時間を一緒に過ごしたわけではありません。
でもHさんの言葉、しぐさ、ライフスタイル、存在全てがお手本となって私の中に残っています。

人間、一緒に過ごした時間の長さなんて、まったく関係ない。
どんな短い時間でも、たった一瞬のひとときでも、  
深い魂の触れ合いってあるんだってそう感じています。