※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

野菜スイーツ専門店『パティスリー ポタジエ』のケーキ

2009年6月21日 (日)


先日、ECOのイベントでオーナーパティシエ柿沢安耶さんの講演を聞いて感銘を受け、今まで野菜のケーキはなんとなく敬遠してきた私ですが、野菜スイーツ専門店『パティスリー ポタジエ』に行ってみたくなりました。

お店が、学校がある代官山のお隣の駅中目黒にあるので、昨日妹と一緒に行ってきました。

な、なんと!予想外の大行列。お店の前には、ポタジエのお菓子を求める50人以上の人が並んでおりました。もう薄暗くなってきた夕方の時刻にです。
数十人単位で行列しているケーキ屋さんは久しぶり。
せっかくなので、私達も行列に並びました、小一時間。

で、ショーケースの前に辿り着き、妹に、どれにしましょうかね?と(一応)尋ねると、「全部!」と即答。
えぇ、わたくしたち、はじめましてのケーキ屋さんでは、ショーケースに並んでいる全ての種類のケーキを購入することにしております。
先日神楽坂のパティスリー カー・ヴァンソンに寄った時も、「すべて1個ずつ」と注文いたしました。
もちろん1つ残らず美味しく頂きます。

我が家は4人兄弟で6人家族でしたから、一人2個ケーキを食べたいと思えば12個、3個だと18個のケーキを買わなくてはいけまん。

ケーキだけではなく、ドーナツとかお惣菜パンや菓子パンなども同じなのですが、20種類くらいのケーキやドーナツ、パンなどをそれぞれ6等分して大皿に並べてバイキングをするのが我が家流でして、子供の頃からそれが当たり前でしたので、ケーキを2~3個買うというお上品なことは一度もしたことございません。

少しずつ色々な種類を食べるのが当然という感覚が大人になってからも抜けずに、ショーケースに入っているものすべて、という買い方に何の違和感もないのです。

まぁ、あまり上品な食べ方とは言えないでしょうが、みんなで分け合って比較しながら食べるのは楽しいですし、それぞれに全種類少しずつ配分されるのでケンカにもならないですしね。

女の子は、そういう食べ方好きですよね?同席している人が自分と違うものを食べていると、ちょっと頂戴♪って言うでしょう?
半分食べたら交換しましょうね♪とか。

私のケーキやパンの買い方はたまに驚かれるので、ちょっと説明しておきました。
食べきれず破棄することはありません。
私の家族はみんな食いしん坊なので、美味しい物があるわよ、と言えばすぐに飛んできて大集合し、今日はケーキパーティね♪とか、オープンサンドウィッチパーティね、とワイワイ騒いですぐになくなってしまいます。

ポタジエさんは、夕方の時間というのにこれだけの種類をショーケースに並べてあるというだけでもご立派です。

生菓子は、トマトジャム入りモンブラン、スナップエンドウのロールケーキ、ゴボーショコラ(バターソテーしたゴボウとチョコレートとの香高いマリアージュ、ナッツのようなゴボウの歯触りも楽しい。軽い食感のガトーショコラ)、キャロットチョコフラン、ルッコラゼリー&黒ゴマと豆乳のムース、グリーンショートトマトケーキ(写真右下、これがポタジエさん人気ナンバーワンケーキ。小松菜を練り込んだスポンジに、ジューシーなトマトを皮付きのままサンドしてあります)、カプレーぜ、レモンビーツタルト、蕎麦チャイムース。

無農薬・無化学肥料のオーガニック野菜を使っているのに、お値段が高くないところも好感が持てます。

ケーキはすべて優しいお味。

味だけを考えると、何もお菓子にあえて野菜を使わなくても…という気持ちはあまり変わらないのですが、柿沢さんを応援したいという思いから、これからも通ってしまいそうです。魅力的なお店、ポタジエ。

安全であるとか、カラダに良いというだけではなく、ケーキとして完成度が高く味がおいしいので、これからも人気が続くのではと思います。
やはり食べ物は、美味しいということが大前提ですからね。

焼き菓子も買ってきました。次の写真でご紹介。


おいしい出来事