※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クッキーでリース作り 2008年12月11日 (木)

2008/12/11 10:01
Canon EOS Kiss Digital X

昨日、憧れの女性Hさんへ、今年最後のお菓子のお届けのため、クリスマスバージョンのお菓子作りをしていました。

Hさんのお母さまへとっておきのクリスマスクッキーを、と思い、全部食べることができるクッキーのクリスマスリースを作ってみました。

星、ジンジャーボーイ(ココア味)、キャンディ、クリスマスツリー、靴下、ベル、エンジェルの型抜きクッキーに、卵白と粉砂糖のアイシングで飾っています。

アイシングを着色するため、ちょっぴり着色料を使用していますが、クチナシや紅麹などから作られている安全なものを探して作ったのですが。

写真でもわかりますが、なんと梱包時に見事に二つに割れてしまいました。

さすがに割れたクッキーをお贈りするのは失礼と思い、クッキーリースは来年の課題となりました。

柔らかいサブレ生地が悪かったのか、張り切って直径20センチ以上の大きさにしたことに無理があったのか、私の扱いが雑だったのかわかりませんが。
改良の余地ありです。でも実際見ると、可愛らしくて美味しいのよ、本当に。
一週間くらいは壁掛けに飾ること、を想定して作ったのですが、あぁ残念。
保険でもう1個同じもの作っておくべきでした。

でもこのもろさでは、無事に梱包できても、輸送時に壊れて、Hさんのご自宅に届いて開封した時には割れたクッキーを受け取ることになっていたでしょうから、先に気付いて良かったです。(負け惜しみもありますが)

数年前からクッキーリースを作っていますが、以前は、食べることができない、一ヶ月は飾ることができる見た目重視のカッチカチのクッキーを作っていました。

でも、クッキーリースを見た人たちから、これは食べられないの?と必ず聞かれるので、せっかくなら飾ることができる期間は短くとも、食べることのできる可愛らしく、美味しいクッキーリースを作ろう、と思ってのチャレンジでした。

成功ばかりじゃないところが、お菓子作りの楽しさですね。


おいしいもの