※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

築地・田中商店のたらこと鮭切り身

2009年2月9日 (月)


こちらの田中商店も数年前にWさんに教えてもらったお店。

岸朝子さんの本「東京 五つ星の手みやげ」では田中商店の紅鮭の粕漬けが紹介されていましたが、私は粕漬けは魚久のほうが好きなので田中商店さんでは、釣りたらこと辛口塩鮭(時鮭と紅鮭)の切り身だけ購入。

田中商店で初めてたらこを購入した時は、赤さに驚きました。それまで赤く着色したたらこを食べたことがなかったので。
着色してあったとしてもピンク色で、子供の頃から食べてきたたらこも、自分で買うたらこも無着色の物ですから、赤いたらこにはかなり抵抗がありました。

東京の人は、この赤いたらこは平気なのかしらね。
私はたらこも明太子も、少し炙った半生くらいで食べるのが好きなので、焼いてしまうと少し赤い色も薄くなるのですが、美味しいたらこは焼き過ぎるともったいない。

どうして田中商店は無着色たらこを売らないのか、ここまで濃い赤色に着色する必要があるのか不思議です。

赤い着色してあっても、田中商店の釣りたらこは美味しいのですよねぇ。築地に行くとつい買ってしまいます。


おいしいもの