※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お寿司屋さんのお土産太巻き

2009年3月28日 (土)


お寿司屋さんでは、お腹がいっぱいで握りを全然食べれなかったので、おじさまがお土産用に(生モノが苦手な私用に)さっと茹でた海老と玉子焼き、海老とキューリの巻き寿司を作ってくれました。

本当は生わさび入りのかんぴょう巻きが一番好きなのだけれど、かんぴょうが売り切れで残念。
関西の人はかんぴょう巻き食べないのですってね。
信じられないわ~

シャリも甘くて柔らかいとか。そんなシャリで握ったお寿司は美味しいのかしらね。

江戸前寿司に慣れているからか、やはり東京のお寿司屋さんのお寿司のほうが口に合う。
すきやばし次郎さんのシャリは私には塩と酢が強過ぎると感じるけれど。
ご飯硬め、シャリは小さめ、甘過ぎないほうが好き。

私は基本的にお寿司は苦手なので、よほど気心知れた人としか行きません。食べられるネタが数少なく、失礼になりますからね。注文するのは(結果的に)お安いネタばかりですし。(ネタと呼べるような生モノはほとんど注文せず、かんぴょうとか玉子焼きばかりだから)

おつまみやお料理が充実しているお寿司屋さんのカウンターならたまに行きたい気持ちになるけれど。

先日、自宅で握り寿司に挑戦したら「握りは寿司屋で食べたらいいんじゃないか?家ではせめて手巻きにして!ネタは良いんだから刺身で出して」と言われたので、自分が好きじゃないものは美味しく作れないのだな〜とわかりました。

写真のお土産は、お子様用みたいな巻き寿司ですが、細巻きと太巻きの中間くらいの食べやすい太さ。
お夜食に美味しくいただきました♪


おいしいもの