※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北海道・金井正さんの大納言小豆


2009年4月9日 (木)

本州の何十倍もある広大な畑、地面が凍るほど寒い冬。
北海道の厳しい自然環境で、土壌消毒剤や除草剤を使わずに作物を育てることは、想像以上に大変です。

北海道江別市で農業を営んでいる金井さんが作っている大納言小豆は「アカネ」という品種。
アカネは他の品種に比べて色艶がよく、香りも良いのが特徴です。

東京ドーム半分もの広さの畑を、金井さんは種まき後2回、手作業で除草しています。
草を取る時に作物を傷つけてしまうと、そこから病気が発生することがあるため、経験豊富なプロの手で丁寧に行う必要があります。
一般では除草剤をまいてしまえばすむことですが、金井さんは除草剤を使いません。

出荷する分は除草剤や農薬を使うけど、自分の家族が食べる分は別に栽培するという農家もいますが、でも食べる人の気持ちになったらそんなことはできない、だからどんなに大変でも土壌消毒剤は使わないし、草取りも自分たちで行う、という金井さん。

食べる人の顔を思い浮かべながら、丁寧に、おいしい大納言小豆の栽培に力を注いでくださる金井さんの人柄を知って以来、大納言小豆はこちらを購入しています。

この大納言小豆をコトコト煮ていると、よい香りがお部屋中にたちこめ、幸せな気持ちになります。

この大納言小豆で作ったぜんざいやお赤飯は最高に美味しい。一口食べれば、ふくよかな豆の甘みが広がります。

1袋250グラム567円。


おいしいもの