※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

sexの余韻 Tue,13Jun200603:47:30GMT

日曜日のラブホエッチの余韻からか、昨晩の夢の中で、彼が同じように得意の
ソフトタッチ愛撫をしてくれた。
彼の愛撫はとにかく優しいのだ。
肌を滑るように、触るか触らないか微妙なソフトタッチで、クリの刺激も、とても優しい。
私としては、感じてきたら強い刺激のほうがイキやすいけれど、彼は終始ソフトタッチで、
じらされているようで、それはそれで気持ち良いので、彼とお付き合いするようになって、
もう何年も他の男性の愛撫を知らないので、ソフトタッチだけでイクことに慣れてしまった。
でもなぜか、夢の中で彼が、
「桜のことあんまり好きじゃない」
って言っていたので、朝起きてから、気になって仕方がなくって、妹に、
「夢の中で彼に好きじゃないって言われたから、きっと本当に好きじゃないって
思われてるんだ~・゜゜・(>_<;)・゜゜・。」
って言ったら、
「そういう彼女って梅雨よりうざいわ」
って言われてしまった。
でも、気になったので彼にメールをしたら、
「好きだよ。当然でしょう。」
ってお返事くれた。
妹は、
「ホントに○○君(彼)は優しいね~こんな朝っぱらから夢の中の話持ち出されて、
好きだ嫌いだってうざい質問してくる彼女にちゃんと返事くれるんだから。」
ってイヤミを言われた。
やっぱり私の彼は優しいのだなぁ。

(終わり)