※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

酸素いっぱいのお水 2008年8月10日 (日)


2008/08/09 11:51
Canon EOS Kiss Digital

OXYMAX(オキシマックス)は富士山で採水。

水道水の35倍の酸素入り。「オキシマックス」は富士山の雪解け水に、世界特許のデオコン方式によって水の分子と分子の間に酸素を入れ、開封後48時間にわたり酸素濃度80ppmを保持できる唯一の高濃度酸素水です。

「Oxy4℃美水」の採水地は長野県安曇野市穂高。

Oxy4℃美水は、「アンチエイジング&デトックス」をコンセプトととして開発された酸素ウォーターです。
通常の水に比べてクラスターが非常に小さいため浸透力が高く、摂取した直後から体内の細胞の隅々まですばやく浸透します。
また、充填されている酸素量は、独自の製法により酸素分子がクラスター内にも溶解しているため、充填したときの酸素量が工場から私たちの手元に届いたときでもその酸素量はほとんど差がないことも特徴の酸素ウォーターです。

この2本は、とても飲みやすく美味しい酸素水でお気に入り。

口の悪い妹からは、「どれだけ酸素飲みたいわけ?」と呆れられておりますが。

酸素が身体に良いと知ったのは、近所の漫画喫茶で酸素バーを体験してからです。
自宅に酸素エアチャージャーを購入したほど、高濃度酸素の効能を感じているのですが、はて、高濃度酸素水の効果はいかに。

実は高濃度酸素水を飲んで、なにがしか身体への変化、効果をはっきり感じたことは…ないかも。

でも、気持ちへの効果は高いです。私、酸素いっぱい摂取してる~身体に良いことしてる~という精神的な作用ですね。

おいしいもの