※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イングリッシュエルダーフラワー

2009年3月8日 (日)





体調が崩れた時、すぐに薬に頼るのではなく、自然の力で治したいと思う。

今日訪れたお店「生活の木」で素敵な飲み物を見つけました。

お店のスタッフが、小さな紙コップに入ったホットドリンクを試飲させてくださいました。

熱湯で割った、本当に熱々の甘酸っぱい爽やかなその飲み物は、身体にスゥーっとしみわたる、カラダが求めている
良い成分が自然に細胞に入っていくような不思議な感覚に、ふわっと体が浮くような澄んだ気分にさせられて、
迷わず即購入。

ロックス&トゥリー・ハーブコーディアルのイングリッシュエルダーフラワー。

もともとはハーブをアルコールに漬けた飲み物であったコーディアル。

千年を優に越える時を経て、ハーバリストの活躍するイギリスで、摘みたてのハーブや新鮮な果物を原料とした
ノンアルコール濃縮飲料として生まれ変わりました。

エルダーフラワーを使用したシロップです。エルダーフラワーにはバイオフラボノイドが含まれます。
エルダーフラワーは、セイヨウニワトコのお花で、マスカットのような香りのする摘みたてのフレッシュなお花から
じっくりと抽出したエキスが使用されています。


希釈用飲料なので原液はそのまま飲めません。
7倍くらいのお湯やハーブティー、炭酸水などに加えて飲みます。アイスでもホットでも美味しく飲めます。

お店のスタッフの方は、ヨーグルトやアイスクリームにかけても美味しくお召し上がりいただけますよ、
とおっしゃっていました。

360ml2100円。

他にもハニー&レモンやクラシックジンジャーなど気になるフレーバーもあったので、これは近いうちに再訪して購入予定。

心身が弱っている時に、こういう飲み物があると嬉しい。

右はマッサージオイルですが、同じく「生活の木」で購入。

スパイシーですっきりした香りの全身用のマッサージオイル。身体を絞るようにマッサージすれば、
お肌も心も引き締まります、と説明書きがあったので買ってみました。

甘みのあるスパイシーな香りを楽しみながら、体の中で滞っているものを流すような気持ちでマッサージをします。

成分は、ブドウ種子油、ウイキョウ油、ローズウッド木油、イタリアイトスギ油、セイヨウネズ果実油 。

このシリーズは、イギリスのアロマスペシャリスト、フランシス・マーフィー女史によって処方された、
女性の身体と心のケアを目的としたオイルです。

植物原料はオーガニックを使用し、厳選された良質の植物油をベースに、エッセンシャルオイルやハーブエキスを
バランスよく配合しています。

こちらは40mlで1500円

igurinさん、コメントありがとうございます。
igurinさんは私の妹(次女)と同じ年齢、igurinさんの娘さんは私の姪と同じ年齢なのでよく覚えています。

igurinさんレシピの土鍋deご飯、実は何度か作っています♪

コメントにあったアロマロールオンスティックですが、こちらのフランシス・マーフィーでもロールオンアロマの
シリーズを販売しています。

手首や首筋にころころっと直接つけるだけで、どんな時でも手軽にアロマを楽しめるので、ロールオンタイプは便利ですよね。

お気に入りの香りが持ち歩けると、外出時の安心感が違います。

甥や姪がぐずった時に、手首にくるくるっと塗って鼻に近付けると、穏やかな表情を見せてくれます。

私は外出時、東京の人混みに疲れてしまった時に使うことが多いです。

ちなみにこちらのシリーズでは、落ち着かない気分の時、ラベンダーの香りが心を静めて穏やかな気分にさせてくれる
「リラクセーション」と、ロマンティックな夜を過ごしたい時に、イランイランの甘く濃厚な香りが女らしさを引き立ててくれる
「スイートイランイラン」、気分を上昇させたい時、柑橘系のさわやかな香りで頭の中をリフレッシュできる
「シトラスオンタイム」を使っています。

他にもグレイスフルローズやスプリングフレッシュなどがあるようです。

香りの感じ方は、その時の体調や精神状態によっても変わってくるのが面白いですね。

食べ物だって、体調が悪い時はたとえ好物だって美味しく感じない時もある。

人間の体は正直にできているから、身体の声に耳を傾けて、無理せずに生きていくことが大切ですね。

igurinさん、ありがとう。良い週末をお過ごしくださいね。


おいしいもの