※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TAKE-ZOハムとペリカンパンの朝食 2008年8月19日 (火)


2008/08/19 10:37
Canon EOS Kiss Digital

今日の朝食は、ペリカンのドッグパンにTAKE-ZOさんのハムとソーセージ。

美味しい食べ物を日夜研究して、とびきり美味しいモノを安く供給している人、お店が大好き。
TAKE-ZOさんはまさにそういうお店。
下町の小さなお店で、常に研究心を忘れず努力し、
国産の新鮮なお肉に保存料、着色料、増量材は一切使用せずに、肉本来のうまみをとじこめた、ハム・ソーセージを作っている。
肉の味を引き出す塩や香辛料の配合に気を配り、どれも繊細な味に仕上がっています。
黒毛和牛を使ってこの価格は驚異的です。

こんなに丁寧に作った美味しいハムやソーセージを、
良心的な価格で販売しているTAKE-ZOさんはいつまでも続けてほしいお店です。
TAKE-ZOさんのロースハムは100グラム400円。
デパ地下では100グラム7~8百円のハムだって、添加物いっぱいで美味しくないハムのほうが多いですからね。

一日目は生のまま頂きます。翌日からはフライパンで軽くソテーして。
TAKE-ZOさんのハムやソーセージが冷蔵庫にある日は朝食が楽しみで早起きしてしまうほどです。

最近は、多忙で自分に余裕がないせいか、人との付き合いがうまくできず、気持ちの浮き沈みが激しくて、そんな自分に疲れて落ち込んでしまうことが多いです。

そんな時私は、
「大切なことはすべて食卓で学んだ」のルース・ライクルではないけれど、「落ち込んだときはもくもくと料理を作ろう」状態になります。

おいしいもの