※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

近所のイタリアンレストラン・前菜盛り合わせ 2009年7月1日 (水)


フルーツトマトのスープは、ムースが浮いていて冷たくて濃厚な美味しいスープでした。

生ハムとお魚のマリネ、スモークサーモンと水菜。

自家製パンが美味しい。

姪ちゃんは、馬車に乗ったモッツァレラが大変お気に召したようで「これ美味しい!馬車もっと食べたい!バシャッバシャッ!」とおかわりを要求。

リゾットやパスタ、ピッツァも頼んだのに、馬車に乗ったモッツァレラをもうひと皿、追加オーダー。

姪ちゃん、よほど気に入ったようで本当にペロリと食べました。

馬車に乗ったモッツァレラというお料理は、油で揚げてあるものが多いですが、こちらのお店はオーヴン焼きのもの。モッツァレラを超薄切りパンで挟み、オリーブオイルの香りと蜂蜜の甘さが優しい美味しさ。
加熱によってモッツァレラがとろりと溶けて、パンとモッツァレラが同化しているほど柔らかい。

ポルチーニ茸のリゾットも美味しかったし、フルーツトマトの冷製パスタも、ピッツァマルゲリータも、美味しかったと思うけれど、あまり記憶にない。

東京の母のような存在だったお寿司屋さんの奥様の訃報を聞き、胸が苦しくなりメイン料理を食べる余裕もなくて。

いつもはコースで注文してメインはお魚とお肉の両方頼んで、デザートは5種類の盛り合わせまでしっかり食べるのに。
ワインも紅茶も、デザートもナシ。

悲しい出来事があると、ご飯が美味しく食べられなくなっちゃいますね。

奥さまの冥福をお祈りして、私は明日からパン講座の授業スタートです。


おいしい出来事