※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

台湾式マッサージThu, 21 Dec 2006 09:42:00 GMT

 

今日は職場でも子供達相手にクリスマスパーティがあり、夜はマンションの住人達のクリスマスパーティがある。
日中は普段通りの仕事をして、昼休みに、 台湾式リフレクソロジーの烏来(ウーライ)で120分の全身コースを受ける。
 ここは、蒸しタオルによる温湿布やオイル・クリームを使って頭・顔~全身に至るまで施術してくれる。
 朝会社のデスクの中を整理して、
 「肩・首・背中等のコリは、筋肉に老廃物がたまり 、血液の循環を妨げることにより起こり、 コリや疲れの原因はストレスです。このような症状のお客様には全身エステ(蒸布保温技法) にて温めながら筋やツボを施術する方法が一番最適かと思います。」
書いてある烏来のパンフレットを見つけて、 行きたくなっちゃったわけ。 しかし、最初から最後まで、痛いのなんのって。
 痛みに耐えながら、歯を食い縛りならがの施術って・・・
 しかも全身コースは、手での施術だけでなく天井のポールにぶらさがりながら、足踏みマッサージもある。
いくら女性とは言え、全体重かけて踏まれると痛い・・・.
 英国式と違って台湾式は足ツボマッサージもとにかく痛い。しっかり深く押す。

私は痛みに耐えることは割と平気なので、120分程度なら大丈夫。

多分彼なら3分も耐えられない痛さでしょうね。

しかも、今日担当してくれた中国人のお姉さんは、
 小さくて細い体なのに、今までのどのスタッフより強い力で押してくる。
 言葉も、ドラマに出てくるような中国なまりの日本語で可愛い。

でも、仰向けになっている私の胸の上のデコルテ部分に両手をついて、

思いきり力をかけて押してくる強さは、 

絶対に両足床から浮いているであろうほどの力がかかっていた。
 私はプロがしてくれることに関して、あまり口出ししたくないので、

私の体を触って必要だと思うから、その力をかけてくれている、と解釈して、

余程のことがない限り、 何も言わないで受けるようにしている。
 私が男性で、もし風俗店に行く機会があれば、プロの仕事をしてくれる風俗嬢を選ぶ。
 新人さんとか若いとか、可愛いだけの女の子にお金を払うなんて絶対にイヤ。
 エステでもマッサージでも、料金が高くても、事前に予約が必要でも、

そのお店で一番上手なスタッフにお願いする。
 お金を払って自分の体を触ってもらう以上、 プロの仕事をして欲しいから。
東京はお店の数が多いから、本物のテクニックある人を見つけることが難しいけれど、
そういう人を見つけたら指名を続けて、 仲良くなって、

長いお付き合いをするようにしている。
長年顔を合わせていると、店員さんとお客以上の関係が築けるもの。
 色々な分野で主治医がいるようなもので、 何かトラブルがあっても、

安心して駆け込める場所、人がたくさんいるってありがたいもの。
 今晩は、マンションのクリスマスパーティに出てから

22時スタートの忘年会に出席する予定。
 年末って、師走と言うだけあって忙しいわ。


前の日記 次の日記

桜の欲求不満日記