※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コムハニー・巣入り蜂蜜 2008年12月4日 (木)

2008/12/04 14:16
Canon EOS Kiss Digital X

(編集者 注:他サイトから引用の可能性のある文を で表示しています)

世界に数千種類はあると言われているハチミツですが、その味わい、風味は、蜜源、採蜜地によって独特の風味があり、なかなか味の優劣をつけがたいものです。

でも、やはりコムハニーが一番美味しい、と思います。

蜜がたっぷり詰まった、巣の蜜蓋(みつぶた:巣房の表面を覆うミツロウなどでできた部分)をそぎ落とした時にしたたる完熟したハチミツは、濃厚で新鮮で、言葉には表現しがたい美味しさがあります。

写真は、巣をそのままカットしたコムハニー(Comb Honey)です。
コムとは蜂の巣を意味します。
巣そのものから溶け出す新鮮は蜂蜜は最高のご馳走。

コムハニーをのせて焼いたハニートースト と、
コムハニーを入れたロイヤルミルクティ は絶品。

コムハニーを初めて食べたのは、父と一緒に行った「ホテル西洋銀座」のラウンジカフェでした。
ホテル西洋銀座のラウンジ「プレリュード」のアフタヌーンティは優雅な気持ちになれます。

フォーシーズンズホテル椿山荘東京のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」とパークハイアット東京の「ピーク ラウンジ」のアフタヌーンティセットは、私が好きなベスト3。

ホテルのラウンジでのティータイムは、大切な人と、時間を忘れて静かに過ごしたいときに。

おいしいもの




引用元
http://www.kkace.com/item_08.html
(原文 ある養蜂家いわく、
「いろんなハチミツがあるけど、やっぱりこれが一番おいしい。何といっても、採れたてにかなうものはないよ」と。)

(原文 コムハニーをのせて焼いた「ハニートースト」は絶品。)


添付ファイル