※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生筋子 2008年12月13日 (土)

2008/12/12 15:56
Canon EOS Kiss Digital X

9月頃の生筋子は柔らかくて、いくらの醤油漬けを作るほぐす過程で潰れやすいけれど、12月の生筋子は粒が大きく硬い。
見た目は立派だけれど、硬過ぎて美味しくない。
プチプチなんて可愛いものではなくて、一粒一粒、ブチッと噛んで潰さないと食べられない感じ。

産卵時期が近付くほど筋子は硬くなり、川を遡上する頃には、俗にピンポン玉と呼ばれるほど硬くなってしまう。

このため、北海道では9月末~11月頃までが食べ頃です。

北海道の実家では、お正月に食べるいくらの醤油漬けは、11月までに作って冷凍していました。

夜間室内用の照明を使って撮影したくて、冷蔵庫の中を覗くと生筋子があったので、ちょっと撮ってみました。
一昨日までは、夜、蛍光灯の光でカメラを構えても、こんな綺麗に撮れませんでした。
あぁ、照明の力って凄いのねぇ。

ライトのおかげで、夜の撮影が楽しみになりました♪

おいしいもの

添付ファイル