※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桜と苺のデコレーションケーキ 2009年04月12日 (日)


昨日は仲間たちと瀬里奈でご馳走ディナーの約束があったので、習い事を終えてから迎えに来てもらい、お花見へ、その後愛宕のチーズ屋さんに付き合ってもらい、愛宕神社へ寄り、代官山をちょっとお散歩して、自分も飲みたいから車で行くのはイヤだよ、と言うことで、私の家の近くのコインパーキングに車を置いてもらい、犬たちの世話をしてから、タクシーで六本木へ行くことに。

フェルミエのカフェでは、桜のレアチーズケーキとチーズの盛り合わせ、ハーブティを注文。

チーズとハーブティに取り憑かれているな…とつぶやかれ。

チーズの盛り合わせは、いつも違う種類のチーズが3種類とクラッカーとドライフルーツが添えられてきます。
昨日は、ブルード、アズィアーゴストラベッキオ、プティリヴァロ。
ここの盛り合わせは、普段自分では買わないチーズが味わえるので楽しい。

タクシーで夜中の帰宅となり、日帰り温泉閉まっちゃったね~と、久しぶりに自宅でお風呂に入り、例の純金ピンクのおいしいお水を2人で1リットルがぶがぶ飲んでから眠ったら、二日酔いなどまったくナシ。
やはり金の水は効果があるのでは、と思う。

朝起きてから、今日は何のケーキ作ろうかな~と学校のルセットバインダーを開いていると、「その中からは作らなくていい、タルトは嫌だ、フツーの生クリームと苺のショートケーキにして」とまた、「普通の」攻撃が…

春らしい桜の形の薄ピンク色のチョコレートがあったので、いつものデコレーションケーキも春らしく。

「あぁ~これだよ、これ、これが一番おいしい、いつもこういうフツーのケーキでいいんだよ」と言われましたわ。


おいしいもの