※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソフトバターとマスタード 2009年01月22日 (木)


最近サンドウィッチをよく作るので、美味しく塗りやすいからしバターを作ろうと、ソフトバターと瓶入りマスタードを買ってみました。

「カルピス・ソフトバター」と「マイユ・ディジョンマスタード」。

こちらは特にこだわりがあるわけではなく、行ったスーパー(ザ・ガーデン)にホイップタイプのバターが、このカルピスソフトバターしかなかったので。

そしてマスタードは、瓶に商品名と同じくらいの大きさの字で「サンドイッチにぴったり」と書かれてあったので。

早速この2点でサンドウィッチを作ってみましたが、妹にはいつものからしバターの方が美味しいと言われてしまいました。
私も同じ感想。

何か物足りない。

いつもは、ブロックの有塩バターを常温で柔らかくして、市販のチューブ入りの和辛子を混ぜてからしバターを作っていました。

こちらのほうが、バターの風味豊かで、辛子の香りも良いみたい。

ホイップバターを自分で作ると、バターに生クリームを混ぜて空気を含ませることになるのだから、生クリーム分バターの風味が薄まってしまうのかしら。

カルピスのソフトバターの作り方は知らないけれど、あのカルピスバターに何も加えず柔らかく練り上げただけで、ここまで味が変わるのか。よく言えば、ソフトバターは上品でまろやか。

バターが苦手な人でもこれならあっさりして食べることができそうな感じ。

ちょっとオシャレなイタリアンやフレンチレストランで、塩だけを加えてホイップした生クリームがバターやオリーブオイル代わりに、パンと一緒に出されることがあるけれど、あの感じに似ている。

ホイップバターは食べやすくて怖いですよねぇ。

フランスパンなどシンプルなパンにはもちろん合うし、甘いパンやホットケーキ、パンケーキにたっぷり塗って食べると止まらなくなっちゃいます。

今年はまだ、本格的にパン焼きとお菓子作りを始めていないので、早く落ち着いてキッチンに立ちたいな。


おいしいもの