※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Wさんの手焼き青混ぜ新海苔 2009年01月27日 (火)


先日Wさんから頂いた、ご自身でご自宅で焼いた千葉の青混ぜ新海苔が美味しくて、焼き海苔を食べるのが楽しみで食事の時間が待ち遠しいほど。

焼き餅にお醤油つけて巻いて食べたり、白いご飯にたらこや辛口塩鮭を巻いて食べたり、今日は、かしわ飯(鶏肉とごぼう、にんじんの甘辛お醤油味の混ぜご飯)に巻いて食べたり。

大好きな卵かけご飯も巻いちゃいました。

私は、築地の丸山海苔店の焼き海苔を定期的に購入しているのですが(丸山さんでは、青海苔が混ぜてある海苔を、混ぜ、ではなく飛びと呼んでいましたが)Wさんの焼いてくださった海苔のほうが美味しい。

丸山海苔店は、ミシュラン三ツ星のすきやばし次郎など一流寿司店で使われていることでも有名です。

丸山海苔店で一度、「焼きたて」と書かれた、前日に焼いたばかりの焼き海苔を買ったことがあるのですが、あの美味しさに近い。

やはり海苔は焼きたてが一番なのだ。

多分Wさんは海苔を自宅で焼くことに慣れていらっしゃるからだと思うのだけれど、とにかく素晴らしい焼き方なのです。
パリッとした歯切れの良さ、海苔の味、香りすべてが素敵。

昨日は三女にご馳走し、今日は次女にWさんの焼き海苔を食事に出したら、「この海苔どこの?いつもの海苔と違うわよね?すごく美味しい!」と二人とも、何も言わずに食卓に出したのに、いつもの海苔との違いがわかり、絶賛しておりました。

私は、どちらかというと、ご飯よりパンやパスタを食べる回数の方が多いのですが、Wさんから焼き海苔を頂いてから、ご飯を炊く回数が増えました。

あぁ、美味しい焼き海苔ってこんなに違うのねぇと驚きました。感動。


おいしいもの