※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

干し大根の醤油漬け 2008年12月8日 (月)

2008/12/08 11:31
Canon EOS Kiss Digital X

干し大根のごはん日記にコメントを頂いた、醤油漬けとビール漬けのレシピについて。

私は普段、頂いたコメントにお返事をしていませんが、質問してくださった方が、妹と年齢が近く、姪と同じ年齢の娘さんがいらっしゃるということで、つい反応してしまいました。

お若いママが、こういう地味な保存食に興味を持ち、手作りの保存食をお子さんに食べさせてあげる、ということはとても素敵なことですし、そのお手伝いができたら嬉しいです。

レシピというほどのものではないのですが、醤油漬けは、明日写真を撮ってレシピにしてみますので、少々お待ち下さい。

材料は、左の写真のものだけ。干し大根、お醤油、ゆず、にんにく、昆布、赤唐辛子。
金曜日に漬けましたが、もう美味しくいただけます。

ビール漬けは、新農業研究会(略称:新農研)の佐藤節子さんに教わったレシピです。
新農研は30年前に安全でおいしい農産物を生産するために発足しました。

ビール漬けは長期間常温保管できます。調味料の分量は、
ビール350ml、からし粉20g、洗双糖300g、酢250cc、塩100g。
熱湯消毒した漬物容器に、干し大根3~4本を入れ、調味料をすべて混ぜたものを注ぎます。足りない場合はビールで調整。
干し大根がぷかぷか浮かばないように中ぶたをして重石をします。一ヶ月後から食べることができます。
漬ける時に適当な大きさに切っても構いません。最初はからし色の干し大根が、漬け上がるとあめ色で、まるでいぶりがっこのようなお味になります。


おいしいもの