※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TAKE-ZOさんのハムとソーセージ

2009年3月23日 (月)


今日はお部屋の大掃除をして、テーブルを黄色いカーテンがある窓の近くに移動。
いつものピンク色の甘いカラーと違って落ち着いた雰囲気に。
昨日のイタリアンレストランを思い出し、器はすべてベッキオホワイトをチョイス。

TAKE-ZOさんで買ったウインナーソーセージ、ケーゼ2種のソテー、ロースハム、コンビーフ、ハーブのソーセージ、ビヤハム(ボンレスハムの入ったソーセージ)、コンビーフ入りソーセージ、生ハムなど。チーズとフライドポテトを添えて。
小さな青いル・クルーゼのお鍋に入っているのは、TAKE-ZOさんの自家製マスタード。
5分ほどで作ったコーンスープ。帰宅後に急いで焼いたパンは、温めるためのオーヴントースターの温度設定を間違えて、パンのてっぺんが全て黒く焦げてしまった。

妹との二人晩御飯だったので、センターコーナー(オレンジのクロス)の方向が逆だと気付いても直さず。

グリーンサラダを食べてから写真のTAKE-ZOさん祭りのようなテーブルで、妹は、私が作った噛みごたえのあるフランスパンに顎が痛くなってきたと苦情を言いながら食べていた。

デザートの苺のミルフィーユと苺ショートケーキは、1個で十分満足できるしっかりした味(要するに甘過ぎる)、このアールグレイ(紅茶)は香りが強過ぎる、とこちらにも軽くクレームが。

でもTAKE-ZOさんのソーセージ類は、やはり美味しいとペロリとたいらげていた。

やっぱりTAKE-ZOさんのソーセージは最高だ。


おいしいもの