※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲランドの塩(海の果実)   2008年10月6日 (月)

Canon EOS Kiss Digital
2008/10/06 21:34:28

(※編集者注:他から引用部分を で表示してあります)

お料理にも製菓にも愛用している ゲランドの塩(海の果実)125g 。

塩田の水面に最初に浮かぶ白い花びらのような結晶を手作業で収穫した希少な お塩です。
(※編集者注:二行下の文章の末尾を変えただけ)
フランス・ブルターニュ地方、ゲランドのフルール・ド・セル(塩の花)。

塩田の水面に最初に浮かぶ白い花びらのような結晶を手作業で収穫した希少な塩で、
甘みさえも感じさせる深い味わいが、一流の料理人やパティシエに高く支持されています。

採取されたままの粗い粒で、料理はもちろんお菓子のアクセントとしても最適です。
使いやすい筒入りタイプです。

「NATURE&PROGRES(フランス有機農業推奨団体)」認定品で、
EU諸国の消費者団体などからも大きな信頼を得ています。

かぼちゃの煮物、いくらの醤油漬け、白和えに続き、本日
「スライスじゃがバター重ね焼き」が話題入りしました。

つくれぽしてくださった方たち、レシピをご覧になってくださった方たちに
大きな感謝の気持ちを。


おいしいもの