※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

貝象嵌(かいぞうがん)の茶托  2008年10月6日 (月)

Canon EOS Kiss Digital 2008/10/06 19:31:52

(※編集者 注:他サイトから引用したと思われる文を で表示しています。
 引用と思われる文の前半は近似文であるため、原文を下記に転載しています)

貝象嵌(かいぞうがん)は、貝殻の内側にある美しい真珠層を絵や模様に象り、素材にはめ込んだもの。

宝石のような高級感と木の温かさが調和した美しい工芸品。その高貴な品位と優雅さが日常に溶け込んで、潤いと安らぎを醸し出します。

この茶托は可愛いうさぎちゃんの貝象嵌。
岩手県北上市、夢工房の作品です。


おいしいもの





原文
木象嵌から発展した貝象嵌。殻の内側の真珠層をスライスした美しい貝を素材にはめ込みます。
宝石のような高級感と…(略)