※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

絶品わらびのおひたし 2009年5月11日 (月)


一泊の予定の福島旅行でしたが、あまりの楽しさに、一日延泊してしまいました。

いつもの宿で、採ってきたばかりの山菜を色々と食べさせて頂き、毎年のことながら感動の美味しさ。

自宅では塩を入れた熱湯で茹でるのが普通と思いますが、こちらでは灰汁(アク)を使います。

暖炉で薪を燃やした後に残る灰を、わらびにふりかけて、その上から熱湯をかけ、一晩置きます。
お湯が冷めた頃には山菜のアクが抜けています。

よく水洗いし、お醤油をかけておひたしで頂くのが一番おいしい。

単純に塩茹でした物とは全く違う歯ごたえ、うまみが残ります。

帰宅してから、トランクいっぱいに頂いてきた山菜の処理をしていたら、日付が変わってしまったので、週末の出来事は後日更新します。

おいしい出来事

添付ファイル