※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自家製漢方酒作り 2009年5月8日 (金)


昨日仕入れた漢方原料で、自家製漢方酒を作ります。
高麗人参、梅花鹿性器、梅花鹿茸 (鹿角)、淫洋ホウ、枸杞子、五味子、霊芝、蛤虫介 (大トカゲ)、不老草、天麻、党参、刺五加、平貝母など。

35度の焼酎、観無量を2升分入れて2~3週間すれば飲めるようになります。
氷砂糖などの甘みは入れません。

本来男性の精力増強用のブレンドですが、女性にも効果が高く、体全体の免疫力を高め、健康と美容に良いのです。

薬日本堂でも漢方酒は売っているのですが、何しろお高い。
自分で作ると、何度か焼酎を注ぎ足しでき、一年ほど使えますから経済的で、自分に合った漢方原料のブレンドでより効果の高いものを作れます。
私はホワイトリカーは苦手なので本格焼酎を使っていますが、35度以上のお酒ならどんなものでも大丈夫です。

美味しくはありませんし、多少グロテスクな素材も入っているのですが、確実に効果を感じます。
ハードスケジュールで生活されている方に贈ると、どんな栄養ドリンクより効果を感じる!とおっしゃって、ご自身で作るようになる方が多いので、漢方パワーの凄さを実感します。


おいしいもの