※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

100万人のキャンドルナイト・電気を消してスローな夜を

2009年6月13日 (土)


今年も夏至の6月21日に100万人のキャンドルナイトが開催されます。

場所は東京都港区芝公園の増上寺。
17時半〜21時までのイベントです。

一年で最も昼の長い夏至。
この日の夜8時〜10時まで電気を消すだけ。それがキャンドルナイトです。

電気を消す、たったそれだけのことが、毎日を、世界を見つめ直すきっかけになるはず。
あなたもぜひ、一人で、みんなで、電気を消してスローな夜を。

100万人のキャンドルナイトのイベントは今年で7年目です。

夜でもこうこうと光る東京タワーの光が消える瞬間を見守ります。
カウントダウンでパッと光が消えると、あちこちで静かな感激の声があがり、大きな光が消えた後は、小さなキャンドルのオレンジ色の光があたりに散らばり、お寺が会場ということもあり、幻想的な雰囲気に包まれます。

場内がロウで汚れるのを防ぐため、増上寺にキャンドルを持ち込む際には、空きビンやグラスなどロウのもれないキャンドルの器を必ず一緒にお持ちください。

私はアルミカップ入りのティーライトキャンドルに、ガラス製のキャンドルホルダーを持参。

写真は、お気に入りのエコキャンドルホルダー。

国産リサイクルガラスを原料とした伝統工芸江戸硝子のキャンドルホルダーです。

使用済みの蛍光灯のガラスカレットを再利用した物です。蛍光管を無害化処理してリサイクルしています。ガラスの原料は砂や鉱物です。地球の自然を大切にしていくため、リサイクルガラスを制作している、グラスフォレストのもの。


普通の日記