※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モトヤエクスプレスの冷たいミーコダブル♪

2009年5月26日 (火)


写真は、学校の裏玄関?を入ったところ。
表より裏の入口のほうが、駅から近いのでほとんどの生徒はこちらの入口から入っている、と思う。

明るく広いロビーで、テーブルと椅子が置いてあるので、授業が始まる前やお昼休みには生徒たちで賑わっている場所。

私は授業開始の1時間前に学校に着くように家を出ているので、代官山の駅前のモトヤエクスプレスで冷たいミーコダブルを注文し、それを受取って、このロビーで通学電車の疲れを癒すため、10分休憩をする。

4月はホットを注文していたミルク珈琲も、今月になってからはアイスばかり。

この冷たいミーコのエスプレッソダブルは裏メニューのようなもので、メニューには書かれていない。390円で、多分モトヤエクスプレスで一番お高いメニューになってしまうのでは?と思う。

でもこれが、コーヒーが苦手な私にも美味しい。
コーヒーに免疫が薄いので、コーヒーを飲むとシャキッと目覚めるので、覚醒ドリンクとして飲んでいます。

ミーコという飲み物は、練乳(コンデンスミルク)と牛乳にエスプレッソを混ぜたもの。普通のミーコでは甘いので、エスプレッソをダブルで注文し二杯分入れてもらっています。

私の人生の中で、週に二回もコーヒーを飲むなんて初めてのこと。

この場所に座っていると、学校に入ってくる生徒や先生の素顔と私服を見ることができるので、人間観察が楽しいのです。

製菓講座の生徒たちはもう見慣れていますが、料理講座の生徒さんたちはオシャレ度合いが違います。ちょっと派手なマダムが多くて、サロンと呼ばれる休憩室はバーキンの品評会のよう。
製菓は、割と地味で真面目な方が多いです。
あ、私みたいな?
私は派手だと感じる側面と、地味で暗い人だと思われる側面を併せ持っている不思議な人なので…

いつも裏の入口の前に素敵な車が二台、バイクが一台とまっているので、誰が乗ってきているのかしらとずっと気になっていたのですが、なんと今日判明。

代官山校主任教授で料理テクニカル・ディレクターのオリヴィエ・オドス先生は、今朝はバイクでご登場。
このオリヴィエ先生、料理講座の生徒さんたちは誰もが、天才と呼ぶ凄い先生らしいです。

コルドンブルーのHPのトップページ、料理講座のページにお写真載っているのがオリヴィエ先生。ドキッとするほど素敵な男性です。
フランス人の中でもかなりのハンサムだと思います。

この先生の授業を受けてみたくて、来月フランス料理入門講座という単発の特別授業に申し込んでしまいました。この先生の講座は、何度日程を追加してもすぐに満席になってしまうそうで、私も一ヶ月先の日程でしか受講予約できませんでした。

黄色いフェラーリは結局誰が乗っているのかは今日もわからなかったのですが、一番気になっていた黒のメルセデスE 63AMGのオーナーは、素敵な日本人でした。若い男性。カッコいぃぃぃ〜と心の中で叫んでしまうほど、車に乗り込むまでの立ち振る舞いまでスマートでした。

代官山ってスゴイな。オシャレな人ばっかりだ。

同じメルセデスのEクラスと言えども63、しかもAMGとなればお値段1,5倍…いや1,7倍くらいする。
そんな車があちらこちらに走っている、それが代官山。


おいしい出来事