※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

只管豆腐・ひたすらとうふ 2009年05月22日 (金)


昨日大桃豆腐を買ったので、せっかくだから只管豆腐と味比べをしてみましょう、とザ・ガーデンで買ってきました。

1丁567円のお豆腐4丁買っちゃったよ~贅沢しちゃった~

次女に、大桃豆腐と只管豆腐を2丁ずつあげて、お塩とごま油で食べる冷奴のレシピアップをして、晩御飯に三女と冷奴を食べて。

いやぁ~なんと大桃豆腐のほうが評判が良いのです。

次女は、大桃豆腐の冷奴を一生食べたい!と言い、三女は只管豆腐より大桃豆腐ほうが断然美味しいとおっしゃる。

実は私も…180円の大桃豆腐のほうが美味しいと感じてしまった。

Wさんのおススメだから、先入観できっと美味しい、絶対美味しいと思い込んでいるのかもしれないので、妹たちに冷静に判断してもらいましょうと思い、今一番お気に入りのお豆腐2種類用意し、食べ比べしてもらったのです。

妹の旦那様の試食がまだなので、感想が楽しみ。

私としては、大桃豆腐は冷奴、只管豆腐は湯豆腐に向いていると思います。

大桃豆腐は、甘さと大豆の濃厚さがダイレクトに感じます。
一口食べて感動を受けます。口に入れた瞬間、あぁ~おいしぃ~と
言ってしまう。

只管豆腐は、とろけるような舌触り、甘さもほんのり、お上品で繊細なお味なのです。至極の味、お高いお豆腐とはこういう控えめな、品のある味なのだと納得。

大桃豆腐はまったりした美味しさ、只管豆腐はすっきり。

これは好みでしょうね。只管豆腐は、贅沢湯豆腐の時だけのお楽しみで、普段の食卓の冷奴には大桃豆腐、ということになりそうです。


おいしいもの