※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最新ニュース 過去ニュース



木嶋被告裁判、「練炭」巡り検察側と弁護側対立
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120124-00000990-yom-soci
魚拓
読売新聞 1月24日(火)20時6分



100日法廷:首都圏連続不審死事件 自宅火災報知機なくなる 逮捕時同居の男性が証言、「殺すつもり?」疑念 /埼玉
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20120124ddlk11040215000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月24日 地方版



木嶋被告の裁判も雪で遅れ、開廷午後に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120124-00000416-yom-soci
魚拓
読売新聞 1月24日(火)11時46分



木嶋被告の同居男性「自分も殺すつもり」…3人不審死裁判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120123-00000245-sph-soci
魚拓
スポーツ報知 1月24日(火)8時2分



木嶋被告公判:「埼玉事件」の証拠調べ終了
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120124k0000m040095000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月24日 0時09分



木嶋被告に464万円…逮捕直前まで同居の男性
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120123-00001004-yom-soci
魚拓
読売新聞 1月23日(月)20時18分



木嶋被告、大出さん殺害4日後に婚活…連続不審死事件公判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120120-00000262-sph-soci
魚拓
1月21日(土)8時3分 スポーツ報知



木嶋被告、捜査状況うかがう?被害者宛てメモで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120120-00000484-yom-soci
魚拓
読売新聞 1月20日(金)11時25分



木嶋被告所持睡眠薬、被害男性3倍量摂取?…「3人不審死裁判」第6回公判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120120-00000027-sph-soci
魚拓
1月20日(金)8時2分 スポーツ報知



100日裁判工夫こらす
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20120119-OYT8T00019.htm
2012年1月19日 読売新聞
木嶋被告公判

交際相手ら男性3人を殺害したとして、殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗(きじまかなえ)被告(37)の裁判員裁判が今月、さいたま地裁で始まり、公判全38回(予備日を含む)のうち5回を終えた。4月13日の判決まで、裁判員の任期は100日間、出廷証人は延べ63人と、いずれも異例の規模だ。検察、弁護側とも裁判員の負担を減らし、主張がよく伝わるよう、工夫をこらしている。

初公判で行われた冒頭陳述。検察官は「情報がたくさんありますが、今ここですべてを理解することも、覚えてもらわなくても構いません」と裁判員に語りかけた。

裁判員には事件の経過表や証拠についての資料が配られるが、審理が長期にわたり、証拠の数も膨大なため、裁判員の緊張感を取り除こうとしたようだ。

一方、弁護側も主張のポイントを絞って、廷内のモニターや、65インチの大型ディスプレーに表示。弁護人は声に抑揚をつけて、裁判員をまっすぐに見つめながら主張を展開した。

公判が行われているのは、同地裁で最多の82席の傍聴席があるB棟301号法廷=図=。傍聴席から見て正面に証言台があり、被告人質問や証人尋問が行われる。

その奥の一段高くなった部分の中央に裁判長、両脇に裁判官が1人ずつ、さらにその隣に裁判員が3人ずつ座る。補充裁判員の6人はさらに後ろに横に一列に並んでいる。

傍聴席から見て右側が弁護側で、左側が検察側の席。木嶋被告は弁護人と並んで座っており、罪状認否や被告人質問などで発言する際には証言台の前で行う。大型ディスプレーは廷内2か所の壁に設置。傍聴人も裁判官・裁判員らと同じ画像を見ることができるが、遺体の写真など映し出されない場合もある。

木嶋被告は初公判の罪状認否で発言して以降、これまでに法廷での発言機会はない。感情をあらわにするようなことはなく、終始落ち着いた表情で座っている。証人尋問の際には、手元のファイルに何かをメモする様子も見せた。服装は水色やピンク色のカーディガンなど、出廷日ごとに変わっている。

審理は3件の殺人を軸に3分割されて進行。2月16日から3月2日までの予定で被告人質問が行われ、同12日に検察側の論告求刑、13日に弁護側が最終的な意見を述べる。裁判官と裁判員は非公開で評議を重ね、4月13日に判決が言い渡される。

木嶋被告は2009年1~8月、練炭自殺に見せかけるなどして、東京都の寺田隆夫さん(当時53歳)、千葉県の安藤建三さん(当時80歳)、東京都の大出嘉之さん(当時41歳)を殺害したとして、殺人罪など計10事件で起訴された。木嶋被告は、殺人についてはいずれも無罪を主張している。



木嶋被告公判:大出さん解剖の医師「3種の睡眠薬検出」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120120k0000m040112000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月19日 22時15分



100日法廷:首都圏連続不審死事件 木嶋被告「家族に会わせる」 うその約束、殺害準備--検察側主張 /埼玉
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20120118ddlk11040288000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月18日 地方版



大出さん死亡当日、「きょうが勝負だ」
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120117-891011.html
魚拓
日刊スポーツ 2012年1月17日20時35分



木嶋被告、避妊薬飲み男性には精力剤
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120117-00000011-sph-soci
魚拓
2012年1月17日06時03分 スポーツ報知



木嶋被告裁判 金断ると態度急変
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120116-890532.html
魚拓
日刊スポーツ 2012年1月16日20時46分



木嶋被告、ヨシカワサクラの偽名…交際男性証言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120116-00000470-yom-soci
魚拓
読売新聞 1月16日(月)11時48分配信



「ブスは慣れる」木嶋被告との交際母親に報告…3人連続不審死公判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120114-00000014-sph-soci
魚拓
2012年1月14日06時02分 スポーツ報知



首都圏連続不審死:木嶋被告口座に386万円 大出さんから受領翌日--検事証言
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120114ddm012040093000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月14日 東京朝刊



被害者遺族、自殺の可能性否定 連続不審死公判
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E1E2E7E08DE3E1E2E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;av=ALL
魚拓
日本経済新聞 2012/1/13 21:20



木嶋被告、受け取った9000万円使い果たす?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120113-00001110-yom-soci
魚拓
2012年1月13日21時11分 読売新聞



「倹約家の弟、470万円使わない」=連続不審死公判で死亡男性の兄
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120113-00000126-jij-soci
魚拓
時事通信 2012/01/13-18:53



「結婚への焦りなかった」検察側反論…3人殺害
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120113-OYT1T00535.htm
2012年1月13日11時47分 読売新聞
交際相手ら男性3人を殺害したとして、殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗(きじまかなえ)被告(37)の裁判員裁判の第3回公判が13日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)で開かれた。

2009年8月に遺体で見つかった大出嘉之(おおいでよしゆき)さん(当時41歳)の母昌子さんが検察側証人として出廷し、「結婚への焦りはなかった」と述べ、木嶋被告から別れ話を切り出され、自殺した、とする弁護側の主張に反論した。

証言の際には、木嶋被告と傍聴席から姿が見えないよう、青いパネルが立てられた。昌子さんは、大出さんが同年7月から木嶋被告と交際していたことを知らされており、「結婚指輪と婚約指輪とどっちがいいかと楽しそうに話していた」と述べた。

弁護側は「料理に興味を持ってくれないことなどから、木嶋被告は結婚を考え直した」「大出さんは41歳で独身で、結婚が駄目になり、自殺した」と主張している。昌子さんは、大出さんが「フランス料理を習っていて食事がすごい。彼女はすごく太っていて、でも美人は3日で飽きるけどブスは慣れるっていうから、まあいいや」と話すなど、焦りはなかったと証言。大出さんは昌子さんに「(木嶋被告の)父親は弁護士」とも説明していたという。検察側によると、父親は弁護士ではなかった。

弁護側は、大出さんが出会い系サイトに登録した時期を質問。昌子さんは「09年6月頃」と答えた。



連続不審死:「結婚式場の話も」大出さん母親証言
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120113k0000e040196000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月13日 11時29分



木嶋被告、交際男性に札束写真…被害者出金翌日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00001082-yom-soci
魚拓
2012年1月12日09時59分 読売新聞



木嶋被告 84歳老人と“男女関係”…3人連続不審死公判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120112-00000047-sph-soci
魚拓
2012年1月12日06時02分 スポーツ報知



被告母「名前も聞いてない」=死亡男性知らず、首都圏連続不審死-さいたま地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00000127-jij-soci
魚拓
時事通信 2012/01/11-20:03



大型審理 主張二分
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000001201110002
asahi.com 2012年01月11日
◇検察側 全事件の共通点強調/弁護側 各事案で疑問点示す

殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判が10日、さいたま地裁で始まった。公判初日、検察側は裁判員の理解を深めようと工夫し、弁護側は個々の事件について疑問点を投げかけた。4月13日の判決に向け、裁判員は双方の主張を見極め、難しい判断を迫られる。

検察側は冒頭陳述で、殺人事件3件を含む10の事件全てについて、婚活サイトを通じて知り合った男性から、多額の金をだまし取っていることなど共通点を挙げた。その上で、一つひとつ事件を立証していく方針を示した。

これに対し、弁護側は「推定死亡日が異なる可能性があるなどしており、自殺や失火が疑われる」などと反論。「疑わしき事件が三つあるからといって、(木嶋被告を)有罪とするのは許されない」と指摘した。

双方は裁判員への配慮についても対立した。

この日、検察側は今後、延べ63人もの証人が出廷し、多数の証拠が提出されるため、裁判員が確認できる専用のペーパーを用意した。審理の進み具合が一目で分かるもので、「検察側の主張が認められると思ったらチェックを入れることもできる」とした。

しかし、弁護側は「チェックは、被告人の話を聞くなどし、評議したうえでするべきだ」などと異議を申し立てた。

検察側は「裁判員にわかりやすくするという工夫。あくまで整理するため」と説明し、結局、使用するかどうかは裁判員に任せられた。

この日は、千代田区の会社員大出嘉之さん(当時41)の遺体が埼玉県富士見市で見つかった「埼玉事件」の冒頭陳述もあった。

検察側は、大出さんは親類に結婚の約束を伝え、仕事上の悩みなどもなく、自殺する理由がないと説明。殺害されたという判断理由に、遺体の手に炭がついていないことなどを挙げた。

一方、弁護側は長年、結婚相手を探していた大出さんは結婚話を喜んでいたものの、別れ話を切り出され、自殺したと主張。遺体から検出された睡眠薬成分は、木嶋被告の自宅にあったものを入手した可能性もある、などとした。

公判2回目の11日は、大出さんが遺体で発見された際、現場に駆けつけた警察官3人の証人尋問などが予定されている。

◇傍聴席49席 663人が並ぶ

この日、さいたま地裁には早朝から傍聴券を求める人の長い列ができた。開廷の約3時間前の午前7時15分に受け付けが締め切られたが、一般傍聴席49席分に対し、663人が並んだ。

さいたま市の会社員男性(56)は「大きな裁判で興味があった。木嶋被告がどのように無罪を主張するのか知りたかった」と話した。

◇午後は着替えて入廷 青のカーディガンから紺のジャケット

木嶋被告は午前10時ごろ、鮮やかな青色のカーディガンにベージュのスカートを着て法廷に姿を現した。後から入ってきた傍聴人が次々に着席すると、きょろきょろと傍聴席を見回した。審理が始まると、手元のメモを時々見ながら、無表情のまま裁判官が座る正面を見据えていた。

約1時間の昼休みのあと、再開された法廷では白色のシャツに紺色のジャケット姿だった。検察側は男性が死亡しているのが見つかった現場や遺体の写真などを示したが、木嶋被告の表情は変わらず、午後4時35分の閉廷まで感情を表に出すことはなかった。

◇担当の裁判員 男女3人づつ

審理を担当する裁判員は男性3人と女性3人。時々、メモを取りながら、熱心に冒頭陳述や証言などに聴き入っていた。

検察側は、男性の遺体近くから見つかったという燃え残りの練炭やコンロを、証拠品として見せた。裁判員は、身を乗り出して興味深そうにのぞいていた。また、証人として出廷した県警の捜査員に対し、男性の裁判員が遺体周辺の遺留物の発見状況などを確認する場面もあった。

◇息子に直接謝って

遺体で見つかった大出さんの母・昌子さん(77)は、さいたま地検を通じて「息子のところにいって、直接本人に謝ってほしい。それが木嶋被告に伝えたいことです」とのコメントを出した。



木嶋佳苗被告初公判の冒頭陳述要旨
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00000222-yom-soci
魚拓
2012年1月11日10時01分 読売新聞



木嶋被告の殺し文句「避妊しなくて構わない」…3人連続不審死初公判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000289-sph-soci
魚拓
2012年1月11日06時02分 スポーツ報知



「本当のこと話して」男性3人殺害初公判
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20120110-OYT8T01343.htm
2012年1月11日 読売新聞
練炭自殺に見せかけて交際相手ら男性3人を殺害したとして、殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判。10日、さいたま地裁で開かれた初公判で、木嶋被告は殺人罪の起訴事実を否認した。逮捕後、黙秘状態だったという木嶋被告が、今後どんな説明をしていくのか。被告を知る人たちは法廷での発言に注目している。

木嶋被告は北海道別海町に生まれ、高校卒業後に上京した。同町に住む高校時代の友人は「目立つタイプではないけれど、勉強ができた。学校にクッキーなどを持ってきて料理も得意だった。東京でどんな人と交流し、どんな生活を送っていたのかを知りたい」と語る。

木嶋被告が2009年9月に逮捕される直前まで同居していた千葉県内の男性会社員(47)は「もう自分には関係のないことです。(裁判で)本当のことを話してほしい」と言葉少な。木嶋被告に「お菓子教室を開きたい」と言われ、計450万円を渡した。逮捕後、自宅の火災報知機がなくなっていることに気づいたという。

木嶋被告が犬を連れてよく利用していた東京都板橋区のペットサロンでは、女性店長が「本当に罪を犯したのか知りたい。優しい人だったので今でも信じられない」と複雑な気持ちを打ち明けた。

殺人罪や詐欺罪など10事件について起訴されている木嶋被告。10日の初公判では、2件の詐欺罪だけ起訴事実をほぼ認めた。

この日の審理は約6時間半に及んだが、表情を変えることなく、モニターに映し出された資料や出廷した証人らをじっと見つめ続けた。裁判は10事件でのべ63人に及ぶ証人尋問を行い、全事件をまとめた被告人質問が、2月16日から3月2日まで行われる。

3月12日に論告求刑、同13日に弁護側の最終意見陳述があり、判決は4月13日。

1月5日の裁判員選任から判決までは100日間で、裁判員の任期としては過去最長となる。

練炭自殺に見せかけて交際相手ら男性3人を殺害したとして、殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判。10日、さいたま地裁で開かれた初公判で、木嶋被告は殺人罪の起訴事実を否認した。逮捕後、黙秘状態だったという木嶋被告が、今後どんな説明をしていくのか。被告を知る人たちは法廷での発言に注目している。



連続不審死:「練炭渡し別れた」大出さん事件、関与否定
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120111k0000m040081000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月11日 0時44分



連続不審死公判、負担重い裁判員に配慮
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E2E2E68B8DE3E2E2E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000
魚拓
日本経済新聞 電子版 2012/1/10 23:26



連続不審死「他殺疑う」 遺体発見の警官が証言
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E2E2E79F8DE3E2E2E3E0E2E3E09191E3E2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000
魚拓
日本経済新聞 2012/1/10 22:05



自他殺めぐり応酬…木嶋被告、遺体写真には視線向けず
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/01/10/kiji/K20120110002403790.html
スポーツニッポン 2012年1月10日 18:31
「私は殺害していません」。さいたま地裁で10日に開かれた首都圏の連続不審死事件の初公判。木嶋佳苗被告(37)は、淡々とした口調で三つの殺人罪の起訴内容を否認した。過去最長100日の任期となる6人の裁判員は、ペンを手に真剣な表情で被告を見つめた。

ブログに派手な暮らしぶりを記した日々から約3年。ややカールした黒髪を肩まで伸ばし、勾留生活で少しやつれた様子の木嶋被告は、ベージュのスカート姿で弁護人の横に腰掛けた。

裁判長に促され証言台の前に立つと、緊張からか「木嶋佳苗です」と名乗る声はか細かった。

結婚詐欺の罪状認否では「私は結婚を真剣に考えていました」とメモを見ながら答えた。男女3人ずつの裁判員は、手元のメモと被告を交互に見ながら耳を傾けた。

午後の証拠調べでは、大出嘉之さん=当時(41)=の遺体写真が卓上のモニター画面に映し出され、顔をゆがめる裁判員もいたが、木嶋被告は視線を向けなかった。その後、埼玉県警の警察官が最初の証人として出廷。大出さんが自殺か他殺かをめぐり検察、弁護側が激しくぶつかり合った。

午後4時半すぎ、裁判長が閉廷を告げると、木嶋被告はほっとしたのか笑みを浮かべた。

この日の一般傍聴席は49。開廷の3時間以上前の午前6時45分から整理券が配布され、663人が地裁前に並んだ。傍聴した埼玉県上尾市の男性会社員(50)は「検察側の方が立証が素直で分かりやすい」と話した。



連続不審死:「木嶋佳苗です」ぼそぼそと小声で
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120110k0000e040167000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月10日 12時16分



首都圏連続不審死:木嶋被告初公判、傍聴希望は抽選--あす、さいたま地裁 /埼玉
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20120109ddlk11040107000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月9日 地方版



首都圏連続不審死:木嶋被告と交際の男性「事実知りたい」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120108k0000e040132000c.html
魚拓
毎日新聞 2012年1月8日 12時03分



裁判員候補者の7割辞退=「長期の休暇困難」-連続不審死公判
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201201/2012010500934
時事通信 2012/01/05-20:55
木嶋佳苗被告(37)の裁判員選任手続きが5日、さいたま地裁であった。地裁が呼び出し状を送った裁判員候補者は249人。このうち72%に当たる180人の辞退が、事前の申し立てや同日の選任手続きで認められた。手続きの出席者は61人。地裁はこの中から、裁判員6人と補充裁判員6人を決定した。
地裁は今年の裁判員候補者から抽選で330人を選出し、事前調査の回答で辞退を認めた候補者を除き、249人の候補者に呼び出し状を送付。呼び出し状に添付した質問票の回答から辞退理由があると判断した153人の呼び出しを、5日までに取り消した。
さらに、同日の選任手続きに出席した候補者のうち27人が辞退を認められた。一連の手続きで最も多かった辞退理由は、仕事などの重要な用務だった。
辞退を申し立てた会社員男性(32)は「やってみたいとも思ったが、会社を長期間休むのは難しい」と話していた。



状況証拠の判断焦点=首都圏連続不審死、10日初公判-裁判員裁判で最長
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201201/2012010500508
時事通信 2012/01/05-15:00
埼玉、東京、千葉の3都県で2009年、男性3人が相次ぎ不審死した事件で、殺人や詐欺などの罪に問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判が10日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)で始まる。被告側は一部の詐欺を除き、否認する方針。裁判は被告の関与を直接示す証拠がなく、検察側が積み重ねる状況証拠の判断が焦点となる。
5日は地裁で裁判員の選任手続きがあった。4月13日の判決まで裁判員の期間は100日間で、公判は計38回(予備日を含む)。裁判員裁判で過去最長となり、難しい状況証拠の評価と合わせ、裁判員に大きな負担となりそうだ。
検察側は、事件は自殺偽装の殺人で、木嶋被告が睡眠導入剤で被害者を眠らせ、練炭を燃やして一酸化炭素中毒により殺害したと主張する。一方、弁護団は証拠がなく、いずれも自殺や事故死の可能性があると反論する見通し。公判には法医学者や詐欺の被害者ら延べ63人の証人が出廷する。



木嶋被告公判、証人延べ63人=首都圏連続不審死-さいたま地裁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201112/2011122700837
時事通信 2011/12/27-20:03
首都圏で相次いだ男性連続不審死事件で、殺人などの罪で起訴された木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判について、さいたま地裁(大熊一之裁判長)は27日、審理計画を公表し、証人として延べ63人が採用されたことを明らかにした。
同地裁によると、来年1月10日の初公判後、埼玉県、東京都、千葉県の殺人事件の順に審理され、被告人質問は2月16日から10回にわたって行われる。3月12日に検察側の論告求刑、同13日に弁護側の最終弁論の後、4月13日に判決が言い渡される。
木嶋被告側は、詐欺事件の一部については罪を認めるものの、3件の殺人事件は否認し、自殺や事故によって被害者が死亡したと主張するとみられる。



首都圏不審死事件 木嶋被告、3人殺害否認へ
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/12/22/kiji/K20111222002296370.html
スポーツニッポン 2011年12月22日 21:04
首都圏の連続不審死事件で、男性3人への殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗被告(37)の弁護側が、来年1月10日にさいたま地裁で開かれる裁判員裁判の初公判で、いずれの殺害も否認することが22日、分かった。同日の公判前整理手続き終了後、地裁が明らかにした。

この日は木嶋被告も出席した。公判前整理手続きは終結していない。

木嶋被告は殺人罪のほか3件の詐欺と3件の詐欺未遂、1件の窃盗罪に問われている。地裁によると、弁護側はこのうち2件の詐欺罪について「成立に争いはない」と認める方針で、詐欺未遂や窃盗罪などは否認や一部を争う姿勢。

弁護側は死亡した3人は「自殺か事故で死亡した可能性がある」などと主張するとみられる。

起訴状によると、木嶋被告は2009年8月、埼玉県富士見市で、交際相手だった都内の会社員大出嘉之さん=当時(41)=を殺害。同1月、同じく交際中の寺田隆夫さん=同(53)、同5月にはヘルパーと称して出入りしていた千葉県の無職安藤建三さん=同(80)=をそれぞれ殺害したとされる。

判決は来年4月13日で、裁判員裁判では最長日程で審理される。



木嶋被告側、無罪を主張 首都圏の連続不審死事件
http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY201112220774.html
魚拓
asahi.com 2011年12月23日0時11分
首都圏の連続不審死事件で、殺人や詐欺などの罪に問われている無職木嶋佳苗被告(37)の公判前整理手続きが22日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)であり、3人に対する殺人罪について、「被告が殺害したかどうか」が争点になると正式に発表した。弁護側は無罪を主張しており、「自殺あるいは事故で死亡した疑いがあるか」が争われるという。

裁判員の選任手続きは来年1月5日で、初公判は10日。4月13日の判決まで裁判員裁判が始まって以来最長の約100日間をかけ、計38回審理する。



連続不審死:木嶋被告、1月初公判
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111103ddm041040121000c.html
魚拓
毎日新聞 2011年11月3日 東京朝刊
首都圏連続不審死事件で殺人罪などに問われている木嶋佳苗被告(36)の裁判員裁判の初公判が、さいたま地裁(大熊一之裁判長)で来年1月10日に開かれることが2日、同地裁であった公判前整理手続きで決定した。判決は4月13日。公判回数は計38回(予備日含む)で、1月5日の裁判員選任手続きから起算した裁判員の在任期間は計100日。いずれも過去最多・最長とみられる。

木嶋被告が起訴されている3件の殺人と6件の結婚詐欺(未遂を含む)、1件の窃盗の計10件を6人の裁判員が一括審理する。裁判員候補者は330人に上る予定。木嶋被告側はすべての事件を否認し無罪を主張するとみられる。



首都圏連続不審死:木嶋被告の初公判は来年1月10日に
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111103k0000m040058000c.html
魚拓
毎日新聞 2011年11月2日 20時55分
首都圏連続不審死事件で殺人罪などに問われている木嶋佳苗被告(36)の裁判員裁判の初公判が、さいたま地裁(大熊一之裁判長)で来年1月10日に開かれることが2日、同地裁であった公判前整理手続きで決定した。判決は4月13日。公判回数は計38回(予備日含む)で、1月5日の裁判員選任手続きから起算した裁判員の在任期間は計100日。いずれも過去最多・最長とみられる。

木嶋被告が起訴されている3件の殺人と6件の結婚詐欺(未遂を含む)、1件の窃盗の計10件を6人の裁判員が一括審理する。裁判員候補者は330人に上る予定。木嶋被告側はすべての事件を否認し無罪を主張するとみられる。遺体が司法解剖されなかったケースがあるなど物証が少ないため、裁判員は難しい判断を迫られる。

起訴状によると、木嶋被告は09年、東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん(当時41歳)▽青梅市の会社員、寺田隆夫さん(同53歳)▽千葉県野田市の無職、安藤建三さん(同80歳)の3人を、練炭を燃焼させるなどの手口で殺害したとしている。【平川昌範】



婚活詐欺女・木嶋佳苗 獄中飯では足りず弁当・菓子追加発注
http://news.livedoor.com/article/detail/5395847/
魚拓
NEWSポストセブン 2011年03月08日07時00分
東京、埼玉、千葉で起きた連続不審死事件で、3件の殺人罪などで起訴されている木嶋佳苗被告(36)。詐欺容疑での逮捕から既に1年半が経っている。捜査関係者が獄中生活を明かした。

「支給される食事では足りないのか、自分で弁当やお菓子を注文して食べている。こないだはハンバーグ弁当をペロリと平らげていました。運動も制限されているので、身体は大きくなる一方……不摂生と長期の取り調べが身体に負担を与えているようで、医師から薬を処方してもらっていました」

同地裁では来る公判に向けて公判前整理手続きが進められているも、長期化するのは必至の情勢だという。再び捜査関係者の話。

「起訴内容を認めれば3人を殺害したことになり、極刑も確実。雑談には応じるんですが、殺人については、『黙秘します』とダンマリで、貫禄すら漂っている。検察は状況証拠の積み重ねで公判を維持させるつもりでしょうが、自供も直接証拠もない。展開が読みづらい裁判員裁判を闘うだけに、検察側にも不安が残る」

関係者の間では初公判は来春にずれ込むと見られている。“完食”“完黙”の被告に、検察の打つ手が見物だ。

※週刊ポスト2011年3月18日号



首都圏連続不審死:木嶋被告をさいたま拘置支所に移送
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110228k0000e040015000c.html
魚拓
毎日新聞 2011年2月28日 10時59分
首都圏連続不審死事件で、千葉県警は28日、木嶋佳苗被告(36)を県警松戸署からさいたま市のさいたま拘置支所に移送した。午前9時ごろ同署から県警の移送車に乗り込み、同10時前に同支所に到着した。同署を出る際にはパーカのフードを目深にかぶり、表情はうかがえなかった。

木嶋被告は09年に、東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん(当時41歳)▽東京都青梅市の会社員、寺田隆夫さん(当時53歳)▽千葉県野田市の無職、安藤建三さん(当時80歳)--を殺害したとして、さいたま地裁、東京地裁立川支部、千葉地裁に起訴された。さいたま地裁で併合審理される。【西浦久雄、飼手勇介】



連続不審死:木嶋被告、初公判は来年か 検察と弁護側、審理方法巡り「対立」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110227ddm041040149000c.html
魚拓
毎日新聞 2011年2月27日
首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗被告(36)が28日、勾留先の千葉県から裁判員裁判が行われる埼玉県に移送される。客観証拠が乏しい3件の殺人罪などで起訴された木嶋被告は否認・黙秘しているとされ、さいたま地裁(大熊一之裁判長)の初公判は来年にずれ込む可能性が高い。3件を別々の裁判員が担当する「区分審理」の可能性があり、審理方法が「死刑か無罪か」という結論を左右しかねないだけに、公判前整理手続きが長期化する公算が大きいためだ。

地裁での同手続きは2月、検察側が立証予定の事実をまとめた書面を出した段階で、証拠開示や弁護側の反論はまだ先だ。さいたま地検幹部は「裁判は来春にスタートできれば順調だ」と漏らす。

遺体が司法解剖されなかったケースがあるなど一連の事件では物証が少ない。間接証拠の積み上げで立証を図る地検にとっては「手口が似ている三つ(の殺人)を一緒にやってもらった方が支え合う感じになる」(幹部)ので、同じ裁判員による一括審理が望ましい。

これに対し、全面的に争う方針とみられる弁護側は区分審理の請求を検討している。「支え合いの立証を認めていいのか」と疑問を呈し「一括審理になれば(公判が長くなるため)参加できる裁判員も限られ、構成が偏る」とも指摘する。

区分審理では、事件ごとに裁判員が交代して有罪・無罪の「部分判決」を出し、最後の裁判員は全事件を通じて量刑を決める。量刑判断では、担当外の事件も考慮しなければならない。「裁判員から『すべての事件の証拠を自分で評価したい』という不満が出るかもしれない」と別の地検幹部は懸念を示す。区分審理にするか否かは地裁が決定するが「(決定は)いつになるか分からない」と地検幹部は話す。【平川昌範、中川聡子】



木嶋被告を週明け埼玉の施設に移送へ
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/02/22/kiji/K20110222000300510.html
魚拓
スポーツニッポン 2011年2月22日 21:33
首都圏の連続不審死で3件の殺人罪などで起訴され、さいたま地裁で裁判員裁判による併合審理が決まった木嶋佳苗被告(36)について、千葉県警が28日にも、勾留中の松戸署から埼玉県内の勾留施設に移送することが22日、捜査関係者への取材で分かった。

木嶋被告は、交際相手の会社員大出嘉之さん=当時(41)=を殺害した罪などでさいたま地裁に、会社員寺田隆夫さん=同(53)=殺害の罪で東京地裁立川支部に、安藤建三さん=同(80)=殺害の罪で千葉地裁に、それぞれ起訴された。詐欺や窃盗などの罪にも問われ、移送後は初公判に向け、公判前整理手続きが進められる見通し。



木嶋佳苗被告:さいたま地裁で併合審理…検察側が請求方針
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110113k0000m040140000c.html
魚拓
毎日新聞 2011年1月13日 2時35分
首都圏の連続不審死事件を巡り、殺人などの罪でさいたま地裁、東京地裁立川支部、千葉地裁にそれぞれ起訴された木嶋佳苗被告(36)について、検察当局はさいたま地裁で併合して審理するよう裁判所に請求する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

刑事訴訟法は複数の関連事件が別々の裁判所に起訴された場合、検察側または被告側の請求に基づき、裁判官が審理の併合を決定できるとしている。

木嶋被告が起訴された三つの殺人事件は裁判員裁判の対象となるが、一つの裁判所で併合審理された場合は検察側が死刑を求刑することも予想される。木嶋被告は黙秘を続けているうえ物証に乏しく、裁判員が難しい判断を迫られる可能性もある。【田口雅士、平川昌範】



野田の無職男性殺害、木嶋被告を起訴…3件目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000737-yom-soci
魚拓
読売新聞 12月22日(水)16時56分配信
2009年5月、千葉県野田市の無職安藤建三さん(当時80歳)方が全焼し、安藤さんが焼死体で見つかった事件で、千葉地検は22日、住所不定、無職木嶋佳苗被告(36)(別の殺人罪などで起訴)を殺人罪で千葉地裁に起訴した。

木嶋被告の殺人罪での起訴は3件目。



千葉・松戸の不審死は病死…木嶋被告、捜査終結
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000590-yom-soci
魚拓
読売新聞 12月22日(水)14時38分配信
千葉県野田市、無職安藤建三さん(当時80歳)が焼死体で見つかった事件で、千葉地検は22日午後、住所不定、無職木嶋佳苗被告(36)を殺人罪で千葉地裁に起訴する。

2007年に死亡した千葉県松戸市、リサイクル店経営者の男性(当時70歳)について、千葉県警は、死因を「病死」と判断し、木嶋被告の関与はなかったとする最終判断を固めた。首都圏で相次いだ男性の不審死の捜査は、事実上終結する。

捜査関係者によると、松戸市の男性は07年8月、リサイクル店2階のベッドで死亡しているのが見つかった。室内が物色されたり、争ったりしたような形跡はなかった。検視で「心臓死」とされ、司法解剖は行われなかった。

男性は05年頃、木嶋被告とインターネットのサイトで知り合ったとみられ、複数回にわたって総額で約7400万円が木嶋被告に渡っていたことがわかった。

このため、県警は、男性の死亡についても木嶋被告の関与の有無を捜査していた。県警幹部は「再捜査して金銭が渡っていたことが明らかになったが、死因は病死。木嶋被告の関与は認められなかった」と話した。



婚活サギ女、安藤さん宅の玄関施錠
http://www.sanspo.com/shakai/news/101203/sha1012030501002-n1.htm
魚拓
サンケイスポーツ 2010.12.3 05:00
東京、千葉、埼玉の連続不審死のうち千葉県野田市の無職、安藤建三さん=当時(80)=が一酸化炭素中毒などで死亡した事件で、火災が起きた安藤さん宅の玄関と、遺体が見つかった寝室の窓はいずれも施錠されていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

殺人容疑で再逮捕された木嶋佳苗容疑者(36)がすでに起訴されている2件の不審死でも、現場になった被害者の車や自宅玄関は施錠されていた。県警野田署捜査本部は、ほかの事件と同様に安藤さんが練炭自殺を図ったように見せかけたとみて調べている。

また、木嶋容疑者が出して安藤さんの預金を引き出した後、出火前に再び安藤さん宅に向かう姿が近くの防犯カメラに写っていたことも、捜査関係者への取材で分かった。



木嶋容疑者、荷物両手に被害者宅へ=事件当日練炭持ち込みか―連続不審死・千葉県警
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101203-00000018-jij-soci
魚拓
時事通信 12月3日(金)4時25分配信
男性連続不審死事件で、千葉県野田市の無職安藤建三さん=当時(80)=を殺害したとして逮捕された無職木嶋佳苗容疑者(36)が事件当日、両手に荷物を持って安藤さん宅に向かう姿が防犯カメラに写っていたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。木嶋容疑者は車で安藤さん宅を訪れており、県警野田署捜査本部は同容疑者がしちりんと練炭を事件当日に持ち込んだ可能性があるとみて調べている。
捜査関係者によると、木嶋容疑者が昨年5月15日午前10時15分ごろ、安藤さん宅近くの駐車場に止めた車のトランクから荷物を取り出し、両手に持って安藤さん宅に向かう姿が防犯カメラで確認された。同10時半ごろ車で走り去ったという。 

最新ニュース 過去ニュース