※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ID:3G85Z1/z0(◆qFEwK6a7LY)さん
既婚女性@2ch掲示板

【力士工】35歳結婚詐欺女 木嶋佳苗★44 より
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1327477612/

552 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 10:34:14.28 ID:3G85Z1/z0
第7回公判の模様をお伝えします。
この日の力士は袖ぐりが大きいグレーのカーデ(室内着?)。茶のインナーはレースの縁取りが
女性らしさを演出します。パンツはこげ茶の綿ジャージーです。

この日はまずHさんという大正15年生まれのおじいちゃん(84)の事件の説明がありました。
この人に対する詐欺未遂は不起訴になっています。
21年8月5日に「毎日Hさんの事を思い出しています」などと力士からメールしています。
大出さん殺害当日も「うちに来てください」「写真を撮りましょう」などとメールしていました。
他にも「なぜこんな年の離れた私に?戸惑っています」「運命はどうしたこうした」などと
やりとりしています。
(この人はもう証人尋問がないかもしれません。もっとちゃんとメモを取ればよかったです。)

それから報知器さんの事件の説明がされました。

560 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 10:47:45.57 ID:3G85Z1/z0
今見たら別のページに力士からHさんへのメールが残っていました。
「これからHさんとどんなデートができるかと思うと生きる勇気が湧いてきます。
私の存在がHさんの生きる勇気になればうれしいです。」

563 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 11:01:56.10 ID:3G85Z1/z0
1人目の証人はふじみ野さん(41)
21年7月登録
8月8日「はじめまして」(返事なし)
8月29日「こんにちは」力士「自己紹介&ホムペ」
8月31日力士「学費&体の相性」ふじみ野「まず会いましょう」
9月1日18:30池袋東武「家族亭」20:30デパ散歩
方向がわからなくてぶらぶらしていたらいつの間にかホテル街に向かっていました。

568 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 11:13:43.31 ID:3G85Z1/z0
ふじみ野「雰囲気がそういう感じだったので。電車から見えるきれいなホテルがあるよね
と話をしていて。話を振ったのは被告人です。」
ふじみ野「ホテルで肉体関係を持ちました。コンドームはつけませんでした。」
検察官「どうしてつけなかったんですか」
ふじみ野「自分は確認したんですが被告人がしなくていいと言ったので」
検察官「射精はしましたか」
ふじみ野「はい」
検察官「どこにしましたか」
ふじみ野「中に」
検察官「中というのは膣の中ですか」
ふじみ野「はい」
検察官「どこにするかやり取りはありましたか」
ふじみ野「特に」
検察官「射精しそうになって特に断りもなく中にしたんですか」
ふじみ野「やり取りありませんでした」

574 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 11:22:45.20 ID:3G85Z1/z0
ホテルには11時までいて別れました。
その夜力士メール「真剣です。あなたも同じならこれからも避妊はしなくていいと思っています。」
「子供がほしいと思っています。昨日のことでわかってもらえましたね。でも学校にも行きたいです。
明日新旧について聞かれます。あなたは応援してくれますか?」
9月2日ふじみ野メール「自分も結婚したい。学費の事は電話で話そう」
力士メール「同じ方向を向いているなら長い交際はいらないと思っています。電撃的な結婚もありうることです。」
9月2日電話で学費の話し合い

◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 11:37:23.92 ID:3G85Z1/z0
>>574の4行目は進級です。

ふじみ野さんの電話メモ(甲19)
「9月8日までに払わないと授業受けられない。9月10日までに70万円」
ふじみ野さんは「ちょっと考える」と返事しました。

9月2日夜力士メール「出会いを大切にしたい。力を合わせて幸せになりましょう。」
ふじみ野さんは結婚した後学校へ行ってもらおうと考えました。
9月3日朝ふじみ野メール「ごめんなさい」
力士返信「私は卒業をあきらめたくない。結婚もしたい。協力がなければ愛情もそれだけのこと。
ただ前回の事で妊娠していたらどうしよう。不安です。」

584 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 11:48:15.30 ID:3G85Z1/z0
9月3日20:00池袋東武とんかつ屋(ベンハチ?)
駅のカフェで休憩。力士「卒業すれば収入のいいところへ就職できる」
源泉徴収票を見せられました。1000万円と書いてありました。
ふじみ野さんは、これよりいいなら学費のことも考えてもいいかと思い始めます。

9月3日力士メール「今度1人でいるときにおうちを見せてください」「とまりがけでお会いできますか」
ふじみ野返信「両親がいてはだめなの?」(結婚を考えているなら両親に会うのは当然では?)
力士「両親がいると私は素直に意見が言えない」「メトロポリタンに泊まりましょう」

587 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 12:00:27.70 ID:3G85Z1/z0
「親に会いたくないなんてそんなバカな話があるか」
ふじみ野さんは両親に反対されてしまいました。
ふじみ野メール「猛反発の嵐でお金は用意できないという結論に至りました。
学費は今でなくてもいいのでは。」
力士返信「両親に反対してもあなたになんとかしようという気持ちがなければ
あきらめるしかありませんね。」
以降メールなし
9月4日警察からふじみ野さんに連絡が来て詐欺だと気がつきました。
ふじみ野さんコメント「ピル飲んでるなんて知りませんでした。はめられちゃったのかな~
という気持ちです。」

628 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 14:57:59.25 ID:3G85Z1/z0
次の証人の長野さん(59)は衝立なしで堂々と証言です。力士は長野さんを見ることができません。
平成21年8月年齢条件が一致する人を検索し、8月9日初メール。
8月18日力士返信「ホムペ見てね。」
8月19日力士メール「これまで付き合ったのは2人。独身最後の学校がコルドン。
卒業後結婚するがパートナーも介護契約者もしんで学費払えない。肉体の相性&妊娠OK」
長野さん(積極的だなー。今までこんな人いなかったよ。年も離れてるのに引くわー)
力士メール「メールのやり取りよりも直接お会いしたい」「34歳なので妊娠出産は早い方がいい。あせってる。」
「東京で会いましょう。」
(長野さんのメールは残っていない&復元不可能だったと思われます)
8月31日1:00池袋東武和食~東武内喫茶店。

時間の都合でこの日の傍聴はここまで。第7回おわり。



636 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 15:20:42.58 ID:3G85Z1/z0
第6回公判の力士は黒丸首丈短カーデに白Vカットソー、グレーの綿ジャージーパンツ。
証人は防衛医科大学法医学教授。大出さんを検視。
埼玉県科学捜査研究所研究員(当時)。大出さんの血液と胃の内容物を鑑定。
埼玉県警察本部捜査第1課。大出さん事件を捜査(色黒)。

第6回おわり。



642 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 15:43:31.36 ID:3G85Z1/z0
第5回は青カーデ(1番上のボタンが止まらない)バーバリー風カットソー、グレーパンツ。
検察官が第3次冒頭陳述を朗読。練炭、練炭コンロ、着火剤、睡眠薬の入手経路。
大出さんは事件当夜銀行で金を下ろしドンキで歯ブラシ、洗顔、マカ元気2本を買い
レンタカーを借りて力士のマンションへ行った。
ビーフシチューを食べ、練炭と着火剤を車に積んで(争いなし)川越街道を所沢へ向かった(カーナビ有)
マッチ箱で擦ったマッチで着火、徒歩5分の温泉からタクシー、
買ったばっかのベンツに乗って妹の家へ(検察の作り話)

648 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 15:51:42.59 ID:3G85Z1/z0
力士が「お金が借りない」と言ったら大出さんは「なんで?」と動揺していました(弁護側主張)

前日のメール
力士「幸せの流れに乗っていきましょう」
「デミグラスソースとホワイトシチューどっちが好き?」
「嘉之さんお仕事がんばって」
「明日を楽しみにしています」
大出「お土産買いました。笑えると思う。」
タクシー運転手「富士見ラドンセンター~上板橋」

652 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 16:03:29.90 ID:3G85Z1/z0
三女調書
「近所のアパートに住んでいました。カナちゃんからよくシチューをもらいました。
マンションにはよくお風呂を借りに行っていました。
事件当日、前の原の温泉に行こうと赤いベンツで来ました。
ビーフシチューを持ってきました。大出さんという人は知りません。会う予定もありません。」

証人は大出さん母。てきぱき系。
息子は「今回は話が早いんだよ」と言っていた。私も早いなと思った。
被告人の兄弟に会うと言っていた。下着とシャツは私が揃えた。
「早く行きなさい」が最後の言葉。

657 ◆qFEwK6a7LY 2012/01/29(日) 16:09:55.69 ID:3G85Z1/z0
引き続き埼玉県科学捜査研究所研究員が証言。

第5回おわり。