※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「かなえキッチン」  カーヴァンソンのフォンダン・ショコラ 2009年4月15日 (水)

パティスリー カー・ヴァンソンのトリュフとチョコレートキャラメルとフォンダン・ショコラ。

昨日はチョコレート菓子をたくさん食べたので、こちらは朝のお楽しみでした。

目覚めに美味しいチョコレートって良いかもしれません。

こういうチョコレートは、シティホテルにお泊まりすると、夜にベッドサイドテーブルに置かれているもの、というイメージが強いので、私にとってトリュフは男性と食べるもの。

(私の勝手な妄想により)夜のイメージが強いトリュフですが、明るい時間に食べるチョコレートは、また違う美味しさがあるみたい。

写真の一番手前の大きな長方形のチョコレート菓子はフォンダン・ショコラ。

バローナ社のチョコレートをカカオ80%にブレンドした口溶けなめらかなフォンダンショコラ。
カカオ80と聞くとビターなチョコ味と思うでしょうが、不思議なほどミルキー。

なんと、プラスアルファの素敵な食べ方の提案として、フランス・ゲランド産のお塩とフランス産の挽きたての白コショーが小袋に入ってついており、このハーモニーが素晴らしい。
朝からチョコレート食べて感動してしまいました。

フォンダンショコラは、フォークを入れると、中からとろ~りチョコが流れ出てくるものが一般的ですが、こちらのフォンダンショコラは一味違っています。

見た目は板チョコレートですが、やはりケーキであり、フォンダンショコラの名の通りとろけます。

それも口の中でふんわりと溶けるのではなく、チョコレートの存在を残したままとろけてゆくような感覚です。

フランス産の荒挽き塩コショーかけの食べ方も、やみつきになります。
これ、お酒にも絶対合う☆

パティスリー カー・ヴァンソン、凄いです。


添付ファイル