※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

普通の人 ▲upSat, 04 Nov 2006 01:01:47 GMT

一昨日から一泊で、姪と彼と、いつもバス釣り旅行に行っている場所にお泊りした。
珍しい三人旅行。
いつもは抱っこされたり笑顔なのに、 なぜか今回の姪は、彼のことを怖がり、
彼の気配を感じるだけで泣き出しそうになった。
片道数時間の車中も、ずっと姪のご機嫌は悪くて。 結局帰ってくるまで彼とは相性悪く。
車から降りて、最後にバイバイする時だけ笑顔だった・・・。

まぁ、当然ながら今回の旅行ではセックスはなく、
最近では案の定、というか、セックスレスが当たり前になっているので、
深く気にすることもなくなってしまったのだけれど。

そんなことより、彼が、
「自分のことを普通だと思っている」と真剣に話していたことが、
一番ショッキングな出来事だった。

あの彼がふつー。フツー。 普通だという自覚している彼。
彼は完璧におかしい人だと思っている私。

もしかしたら、そのおかしさを自覚して 彼は苦悩しているのかもしれないとさえ思っていた私。
そりゃ、話も噛み合わないわ。 いや~、天然というか、真性というか、まいったね。

昨日なんて、そのこと思い出しては笑って、呆れて、 めまいがして、また笑って・・・
はぁ。あの彼と・・・今後ずっとやっていく・・・ 面白そうかな。