※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お抹茶の時間 2008年6月28日 (土)


小学生の時に習っていた表千家の茶道を
大人になって改めて習い始めて、
自宅でもよくお抹茶を飲みます。

明日お茶会があるので、デパートの和菓子屋さんで
季節の生菓子を眺めていたら、
「七夕ういろう」を見つけて、Hさんの家族を思い出したのです。
ピンク色がHさんで、茶色が旦那さま、栗が愛犬T君のカラーにぴったりで、
三色のストライプがHさんご家族のように仲良くぴったり寄り添って
ずっと繋がっているイメージで、七夕ういろうそっくりです。

私は人と会うと、その人のイメージをカラーで記憶します。
その人の雰囲気がモヤモヤっと色で見えるのです。
Hさんは淡い綺麗なピンク色、Hさんの旦那様はブラウン、
愛犬T君は栗の実のようなベージュっぽい黄色っぽいクリーム色。
ですから、この七夕ういろうそっくり。

お気に入りの茶道具は、表千家らしい
阿古陀の茶入れ(阿古陀とはカボチャの一種)で漆塗り、
蓋は桑の木で作られています。

お抹茶をたてる時間は、心が落ち着きます。

おいしい出来事
添付ファイル