※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

挨拶と心の余裕 Tue, 10 Oct 2006 05:16:30

引越ししてから、よく挨拶をするようになった。
マンションの管理人さんも住人も、とにかく顔を合わせるたび、
すれ違うたび挨拶をするのだ。

しかも、近所の公園にお散歩に行くと、
同じマンションの住人でもない、同じマンションの住人でもない、見ず知らずのおば様が、
「おはようございます」と声をかけてきて、
「本当に良いお天気ね~雨が続いたから
こんな綺麗なお空の色久しぶりね~」
なんて話しかけてくるのである。

管理人さんは今朝、「今日は風が気持ちいいですね~」
と言いながら掃き掃除をしていた。

以前住んでいたマンションの住人達も
割と仲良しで年に2~3度、最上階に住んでいる
大家さん主催でホームパーティーを開いたり
していたけれど、
なんとなく雰囲気が違う。

風が気持ち良いとか、空が綺麗だとか、
そういうことを感じながら生活している人たちは、
心に余裕があるのだろう。

丁寧に生きている人たちに囲まれての生活は
自分の生き方も変えてくれる気がする。 引越ししてから、
部屋に流れる気が、とても穏やかで柔らかいものに
なったと感じる。

私は物を捨てられない性質だったけれど、
引越しを機会に、持ち物の量を半分にするように母に言われて、
二年使っていないものは思い切って処分したら
すっきりした。古く価値のないものに囲まれて暮らしていると、
部屋の中にはよどんだ気が充満するらしい。

母は、どうしても捨てられない物ならばこちら(実家)に
送ってきなさい、とりあえず保管しておいてあげるから、
と言ってくれたけれど、
実家に保管してもらってまで持ち続けたいものなんて
なかった。 結局がらくたを大事に持ち続けていたことに気付かされた。
大事な物だと思っていた物が、よく考えるとゴミ同然だった。

良い気を流すには、ちょっとした工夫や努力が必要なのだ。
今回母にそのことを気付かされて、感謝している。
彼のオウチはいつも空気が重たいので、
大掃除が必要だけれど、お部屋自体の耐久年数が
オーバーしているのでリフォームから始めなくては
いけないでしょうね。

まぁ、一年以上彼のオウチには行っていないので
今どうなっているかは知らないけれど、
多分変わっていないと思う。

あの重たい空気の中での生活が、子供の頃からの
日常だったのだから、もう慣れきってしまって、
彼にとってはあの空間が普通で安心するのかしら。

でも、すっきり綺麗なお部屋で暮らしていると、
心も晴れやかになってくることは確かだから、
彼のお部屋も綺麗にしてあげたいけれど。

そんなことより、役立たずの彼が今度どんな連絡してくるのやら。

(完)