※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

丸中醤油・三年熟成黒ラベル 2009年8月19日 (水)



日記原文

丸中醤油は、現代では稀になった古式製法という自然の営みに任せた醤油造りを今もなお続けております。

三年熟成を基本とし、温度管理を一切せず、蔵人の五感と江戸時代より蔵に棲みつく良質の醸造菌が育み、丸中醤油は生まれます。

もろみが蔵と共に静かに息をし、醸じ異なるその味を均一に保つその技は、醤油の本質と対峙する丸中の蔵人によってのみ受け継がれています。

味わい深いコクのお醤油でとてもお気に入り。

おいしいもの



上記の日記文について現段階の調査状況

(1)他サイトからの引用と思われる部分について
他サイトからの引用・もしくは類似部分を で表示します。

引用元の可能性のあるサイト
醤油の蔵元公式HPより古式製法の説明  ttp://www.s-marunaka.com/homepage/make/index.html (魚拓)
上記醤油蔵元と取引のある会社のブログ  ttp://teshigotoya.jugem.jp/?eid=717 (魚拓)

日記原文+引用部分 比較開始

丸中醤油は、現代では稀になった古式製法という自然の営みに任せた醤油造りを今も なお 続けております。

三年熟成を基本とし、温度管理を一切せず、蔵人の五感と江戸時代より蔵に棲みつく良質の醸造菌が育み、丸中醤油は生まれます。

丸中醤油は、現代では稀になった古式製法という自然の営みに任せた醤油づくりを今も続けております。
三年熟成を基本とし、温度管理を一切せず、蔵人の五感と江戸時代より蔵に棲みつく良質の醸造菌が育み、丸中醤油は生まれます。

もろみが蔵と共に静かに息をし、醸じ異なるその味を均一に保つその技は、醤油の本質と対峙する丸中の蔵人によってのみ受け継がれてい ます。

もろみが蔵とともに静かに息をし、醸じことなるその味を
均一に保つその技は、醤油の本質と対峙する丸中の蔵人によってのみ
受け継がれてい
るということでした。

味わい深いコクのお醤油でとてもお気に入り。


添付ファイル