※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

だだちゃ豆 2009年8月21日 (金)


日記原文

山形県鶴岡市産のだだちゃ豆。

さやの毛が茶色で、くびれも深く、見栄えは必ずしも良くないけれど、甘味と独特の濃厚な風味を持っています。

いつも買っている天狗の枝豆よりはずっと小粒ですが、だだちゃ豆は香りも強くとても美味しい。

品種は小真木・甘露・尾浦などありますが、私は写真の白山という品種が一番好きです。

栽培する土地が合わないと風味が落ちてしまうことから、生産地が限られ、収穫期も短く、また保存も困難だったため、まぼろしの豆と呼ばれていましたが、近年の輸送手段の向上等により全国的に知られるようになりました。

先日遊びに来た次女に食べさせてあげると、普通の枝豆とは全然違う美味しさに驚いていました。

夏になると冷蔵庫にはいつも茹でた枝豆を入れておいて、おやつに食べています。


おいしいもの


上記の日記文について現段階の調査状況

他サイトからの引用と思われる部分について 他サイトからの引用部分を、 で表示します。

引用元の可能性のあるサイト
:ウィキペディア だだちゃ豆
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A0%E3%81%A0%E3%81%A1%E3%82%83%E8%B1%86

日記原文+引用部分 比較開始

山形県鶴岡市産のだだちゃ豆。

さやの毛が茶色で、くびれも深く、見栄えは必ずしも良くない けれど 、甘味と独特の濃厚な風味を持ってい ます。
さやの毛が茶色で、くびれも深く、見栄えは必ずしも良くない、甘味と独特の濃厚な風味を持ってい

いつも買っている天狗の枝豆よりはずっと 小粒 ですが、だだちゃ豆は 香りも強 くとても美味しい。
香りも強 い。やや 小粒 の状態で出荷され、短めの時間で茹で上がる。


品種は小真木・甘露・尾浦などあり ますが、私は写真の 白山 という品種が一番好きです。
品種は小真木(こまぎ)・甘露・ 早生白山・白山・ 尾浦とあり 、特に人気があるのは 白山 (しらやま)である。

栽培する土地が合わないと風味が落ちてしまうことから、生産地が限られ収穫期も短く、また保存も困難だったため、まぼろしの豆と呼ばれ ていまし たが、近年の輸送手段の向上等により全国的に知られるようにな りまし た。
栽培する土地が合わないと風味が落ちてしまうことから、生産地が限られ ている。 収穫期も短く、また保存も困難だったため、 長らく まぼろしの豆と呼ばれたが、近年の輸送手段の向上等により全国的に知られるようになた。

先日遊びに来た次女に食べさせてあげると、普通の枝豆とは全然違う美味しさに驚いていました。

夏になると冷蔵庫にはいつも茹でた枝豆を入れておいて、おやつに食べています。

添付ファイル