※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とりあえずのチーズとドライフルーツ 2008年7月9日 (水)
 

毎日暑くて、帰宅後すぐに食事を作る元気がないわ~
という時には、チーズとクラッカーとドライフルーツの盛り合わせを
出して、ぎゅるる~と鳴っているお腹を落ちつけて、パワーを充電してから、
キッチンに立ちます。

欠かせないのは、ブルサンとジャム。
今日は青カビはゴルゴンゾーラ、白カビはサンタンドレ。
いつもの明太子マスカルポーネに、ルバーブと伊予柑のジャム。
ドライマンゴーとドライフィグ(いちじく)、枝付きレーズン。

チーズは良質のカルシウムが含まれていますから、神経作用の調節や
精神安定に役立ちます。
またチーズは疲労やお酒から胃や肝臓を守ります。

チーズには脳の栄養となるアミノ酸が豊富で、吸収もよく、勉強や仕事の
合間のおやつに最適です。

チーズのカルシウムは、タンパク質と結びついた形であるため、小魚・
海藻などと比べると2倍の吸収率があります。漬物、味噌などに比べて
塩分は低く、チーズをたくさん食べても塩分の摂取し過ぎるという
心配はありません。

子供の頃から、日常的に色々な種類のチーズを、様々な形で食べてきたので、
チーズを毎日食べることは習慣になっています。

栄養価も高く、美味しく、そのままでも、お料理にも使えて、
チーズは優秀な食品ですね。

おいしいもの