※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かなえキッチン : レシピ


冷やし肉うどん♪クセになる美味しさ by p_sakura_2000  
公開:08/04/02   レシピID:543202

手打ちうどんを作ると必ず作る冷やし肉うどん。かなりクセになる美味しさです♪
東京の「角萬」というお蕎麦屋さんの冷やし肉南蛮蕎麦(ひやにく)を再現したくて、試行錯誤しました。

材料 ( 3人分 ) 
うどん 3玉
豚肉(バラ肉か切り落とし)
200グラム
長ねぎ 2本
めんつゆ
ざる用に薄めて300cc

1
中力粉300グラム、水150cc、塩15グラムでうどんを作りました。市販の生うどんを購入しても良いです。それもなければ冷凍うどんで。写真の卵は大きさ比較です。左は4~5ミリ、右は8~9ミリに切りました。この肉うどんには太いほうが合います。

2
私は「桃屋の無添加特級つゆ」がお気に入りですが、お好きなめんつゆを、ざるそば用より少し薄めに水で希釈します。桃屋のつゆなら2~3倍。出来上がったつゆは冷蔵庫に入れて冷やしておきます。

3
もうひと手間かけて、絶品つゆを作る場合、お鍋に水で薄めためんつゆを入れて、かつお節を一つ掴み入れて火にかけて、ふわっと煮立ったらすぐに火をとめてかつお節が沈んでから漉します。つゆが出来上がったら冷蔵庫で冷やします。

4
左が切り込み(切り落とし)肉、右がバラ肉。私は100グラムずつ使いましたが、部位はお好みで。赤身だけより、ほどよく脂身が入っていたほうが美味しいです。

5
長ねぎを5~6センチ長さに切って、縦に半分(太いねぎの場合四つ割り)に切る。

6
お鍋にお湯を沸かして、お酒を少し入れて、ねぎをゆでます。1分ほどねぎが少し透明になるくらい、サッとゆでます。くたくたになるほどゆでてはいけません。ゆであがったネギはざるにあげて、水分をきります。

7
ぐらぐら沸騰させずに、湯気が少し見えるくらいのお湯に豚肉を入れてピンク色に火が通ったら、ざるにあげてお湯を切ります。熱湯にお肉を入れたり、長い時間お湯に入れておくと硬くなるので要注意。

8
うどんをゆでます。常に沸騰状態を保ち、4~5ミリ太さの生うどんなら10分、8~9ミリのうどんなら15分程度ゆでます。ゆであがったら、流水でよく洗い、ざるにあげて水をきります。冷凍うどんの場合も熱湯でゆでて、水でしめてざるで水気をきります。

9
器にうどん、豚肉、長ねぎをのせて、つゆをかけます。できあがり♪

10
この写真のみの情報 2008/07/12 17:06 SH903i
豚しゃぶしゃぶ用の薄切り肉でしたらカットせずに使えます。写真は東京Xの肩ロースとバラの冷しゃぶ用です。


コツ・ポイント
手打ちうどんか、生うどん、冷凍うどんなど、コシの強いうどんで作ること。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」 1件 (1人) 
ヘルシーな肉しゃぶうどんであっさり☆あっという間に完食旨ぃゎ〜!【れぴぱく】
初つくれぽ嬉しいです♪作ってくれてありがとう☆感謝☆ 09/04/05

このレシピの生い立ち
B級グルメ、下町グルメ通の間では有名な「角萬」の冷やし肉南蛮蕎麦(ひやにく)が大好きで、自分で作ってみました。ちなみに角萬はお蕎麦屋さんで、写真の太さのお蕎麦が出てきます。美味しくってクセになる美味しさです。角萬さんのひやにくにかなり近いものが出来上がったので、ファンの方は是非作ってみて♪