※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目の美容院で目パッチリ!体スッキリ♪ 2009年3月21日 (土)


風邪をひいた頃から、左目のまぶたの痙攣がはじまり、風邪が治ってもまぶたのケイレンとだるさが続いて困っている。
いつもは上まぶただけなのに、今回は下まぶたがケイレンして、勝手に目を閉じようとするのでとても気になる。

でも案外まわりの人は気付かないみたい。
こんなに辛くても昨日初めて指摘されたくらい、じーっと見つめ合わない限りわからないみたいね。

とにかく3月になってからなんだか心身ともにスッキリしない。

春だから?春なのに?

東京は今日桜が開花したということで、気分を上げようと桜のクッキーなど春のお菓子を焼いてみた。

嫌がらせのように車を汚す黄砂に頭を抱えていたところ、ヤナセの営業の人がカバーをかけに来てくださった。
焼きたての桜クッキーをプレゼントしたら、とても喜んでくれて、私も幸せな気分になれた。

自分で食べて美味しい、ということより、その美味しさを分け合うことのほうが何倍も幸せ感や喜びがアップする。

桜クッキーは好評なので、桜の開花のお祝いに?たくさん作って、マンションの管理人さんやご近所さんに配って、先日第一弾でお渡しできなかったWさんと弟のお嫁さんのご実家にも宅急便で送った。

その後、明日お彼岸のお墓参りに行くので、恒例のおはぎを作るために、昨日から水にひたしておいた小豆でアンコを作りをしてくたびれた。

前置きが長くなったけれど、その後「目の美容室」に行って来た。

疲労やストレスが重なるとすぐ目が痙攣するのを心配して、先日は脳ドックまで受診させられ(もちろん結果は問題ナシでしたが)、昨日は尋常ではない下まぶたのピクピクに気づいた相方が見つけてきたのが「目の美容室」。

東京では恵比寿や銀座など、大阪や九州にもサロンがあるみたい。

サロンには、大きなリクライニングシートが2席のみ。完全予約制。連休のせいか予約を取るのが大変だったみたい。

ひとりでも、お友達同士・恋人同士・ご夫婦など二人でもゆったりとくつろげる空間です。

施術前には、ひとりひとりの体質を見極め、その人に合った適切な療法を行うために丁寧なカウンセリングをします。

ツボを刺激する「14経絡療法」の際、新鮮な濃縮酸素
35%〜40%を毎分8〜10リッター吸引する酸素療法も同時に行います。

濃縮酸素を取り入れることで全身をさらに活性化へと導き14経絡療法の効果を早める手助けにもなります。

独自に開発したアイソロジスト器4種を使用し、自然治癒力のサポートをするわけですが、療法は視力だけではなく、体全体を元気にします。

疲労・肩こり・腰痛・頭痛・アレルギー症状・不眠症・便秘・生活習慣病などでお悩みの方にもおススメだとか。
また、皮膚の新陳代謝へも働きかけるので美容にも良さそう。

目の美容室ですが私が受けた70分のアイ・ロングコースは、手・足・肩・首・顔・頭の施術をします。

眼精疲労などの症状は、目の血流障害と酸素欠乏症が最大の原因と考えられます。

目は毛様体筋によってレンズ(水晶体)のピント調節をしています。
毛様体筋は自律神経に支配されており、この自律神経がきちんと機能しなくなることが眼精疲労の原因と考えられます。

そのため、自律神経を正常に戻し、さらに筋肉を活性化することが大切です。
そのためには、眼のまわりだけに施術をするのではなく、血流・内臓も含めカラダ全体を元気にすることが大切なのです。

「目の美容院」では、自律神経失調が原因で血流障害が生じ、目の酸素不足や栄養不足になったのを補うため、健康酸素の吸引をさせながら、中医学に基づいてツボを刺激する「14経絡療法」で、足・手・耳・頭部そして目の周囲に流れを作ります。

そして、目の外輪筋・眼筋を鍛え、それによって、大脳への刺激も高まり、脳が活性化し脳のストレスや疲れも解消され、カラダ全体のバランスが整い、内蔵も筋肉も元気になっていきます。
同時に視力をつかさどる毛様体筋も整えていきます。

目の美容院なのに、手は肘まで出して、足は裸足になり膝まで出してマッサージをします。

ウトウト気持ちの良い70分間。
施術後は視界が広く明るくなった感じで、体もスッキリ。

目の痙攣も頻度が少なくなったみたい。

目のエステ「アイソロジー」。初体験でしたが、また訪れたい素晴らしい施術でした。


普通の日記