※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ご機嫌 ▲upSun, 05 Nov 2006 08:25:20 GMT


今日は思いがけず合体できた。
しかも、自然勃起での挿入。

精力剤を飲まないでするセックスは、なぜか違う。
気持ちの問題ではなくて、勃起具合がちょうどいいのだ。
精力剤を飲ませると、やはり無理矢理勃起させるわけで、
異常に硬くなったり大きくなったりするので、どうも不自然なのだ。

長持ちするのは良いけれど、 彼はもとから早漏ではないし、二回戦できなくても
私はその点どちらでも良いので、 勃起さえできれば精力剤はいらないのだ。

お食事→sex→お昼寝をしたら夕方で、日曜日の休日らしい一日だった。
今夜は妹が泊まるので、これから晩御飯の準備。

彼にも毎日お食事作ってあげられたら、きっと心も体も、元気になると思う。
彼は、育ちは良いので(お金持ちの家庭という意味ではなく、ご両親に大切に育てられた子、という意味で)
そういう風味大切に接してあげたら、きっと良い心が芽生えてくるはず、と思う。

ご両親は亡くなっているし、自分の為に、身の回りのお世話やお食事など
してくれる人がいない環境が長いから、寂しいだろうし、不自由も感じているだろうし、
そういう環境が整ったら、きっともっと安定した心身でいられると思う。

セックスしてもらうと、こんなにも彼のことを思いやってあげられるのだ。
やっぱり私にとってセックスはご機嫌を大きく左右するようだ。