※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日帰り温泉・お食事処のお弁当

2009年3月30日 (月)


季節ごとにおかずのメニューが変わる、一日数量限定のお弁当に大桃さんちのお豆腐の冷奴をプラス。

明日から学校の授業が始まります。
代官山のカフェランチも楽しみではあるけれど、お昼休みは短いし、明日は一応お昼用のお弁当を作っていくつもり。

なぜか明日職場の仲間と苺狩りに行く妹の分まで作らなくてはいけないらしい。しかも、妹の分だけではなく、妹の職場の人たちの分まで!
妹は、たまに私が作ったお菓子を職場に持って行くので、皆さん私のお弁当に期待しているようですが、わたくし、お料理は上手じゃないのですよねぇ、残念ながら。

通学初日に早起きして他人の分までお弁当作りとは。しかも苦手な電車移動。

満員電車に揺られて行かなくてはいけないなんて、つらい…酔わないかしら…重たい荷物持って気持ち悪くならないかしら…変な臭いするおじさんとかいるんだろうなぁ、あぁ、心配…

と愚痴をこぼしていると、「行きは無理だけど帰りなら迎えに行ってやるから!」と珍しく優しい言葉をかけてくれたり、久しぶりにお会いした自動車教習所の先生は、来週レッスンしてくださると言うし(どんだけ運転上手になりたいんだろ、私…)、突然不動産屋さんのおじさまが電話をくださって、「マンションの下の駐車場、自分が使ってる一台分空けましょうか?カバーかけてるの見て大変かと思って」と思いやりのあるお言葉をかけていただいて、私のまわりの男性たちはなんてお優しい心の持ち主なのだと感動した一日でした。

しかし、私がどんな車に乗っているのか、どこの駐車場に置いているのか話したことないのに…東京も狭いな。

今住んでいるマンションの屋根付き駐車場が契約車でいっぱいだったので、近所の屋根なし駐車場を借りているのですが、結構大きな駐車場なのになぜ私の車だとわかったのでしょう。

例の車カバーは一度はずしたきり、案の定一度もかけたことなくトランクに入っております。
カバーをかけてもらってから数日間は、はずすのが面倒で乗らなかったし。
やっぱりカバーは不要だったか?

しかし、今住んでいるマンションの不動産屋さんの人達はとても良い人ばかりだ。
マンションの一階に事務所があるのでたまにすれ違うのだけれど、住民たちからも信頼されて、皆笑顔で挨拶をし合う。
住民同士もエレベーターですれ違うたびに必ず挨拶をするので、とても気持ちが良い。

不動産屋さんの人って今まであまりイメージが良くなかったけれど、今のマンションを管理している不動産屋さんの人たちはとても親切で、思いやりがあって気の良い人たちばかり。仕事も一生懸命だし。
まさにチョイ悪おやじ的なカッコ良さもあるし。私は若い男性にあまり興味ないので、あんな人が旦那様だったらいいなぁ~と思いながら眺めていたりします。

今のマンションは、独身時代最後の住まいであることを願いつつ、この良い環境で一日一日を丁寧に過ごしていこう。

今日も男性から、これから学生になるなんて結婚はまだまだって感じなんでしょう?とか、それだけ恵まれていたら結婚しなくてもいいんだろうね~とか言われたのですが、私は特別恵まれてもいないし(本当に貧乏学生になっちゃうし)、良い人がいればすぐにだって結婚したいし、そんな誤解されちゃうなんて困っちゃうわよ~。

30歳過ぎて学生になるなんて聞くと、結婚は諦めたような印象を与えてしまうのかしらね。それは残念。
全然諦めてなんていませんから~

とにかく明日からの学生生活、気を引き締めて頑張っていこうっと。


おいしい出来事