※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小さく可愛いフルーツパウンドケーキ 2008年6月16日 (月)


手の平サイズのパウンドケーキを焼きました。チェリーとオレンジピール、ドライいちじく、ピスタチオでおめかしを。

一緒に暮らしている妹は、毎日食後にケーキが出されることを当たり前と思っています。
いつも冷蔵庫には、何種類かの手作りのお菓子が入っています。

でも、そういう幸せの当たり前は、どんなに多くても、それが普通でなくとも良いのではと思っています。

私が子供の頃、私の母も、いつも手作りのお菓子を作ってくれました。
おやつには、いつも母の手作りのお菓子が出されるのが当たり前でした。

自分の家庭が常識という、狭い視野の子供時代に、幸せの当たり前がたくさんあることが、いかに豊かな心を培うか、大人になってから、育ててくれた両親に感謝することでもあります。

重圧感のある仕事だって、終わりの見えない研究だって、無限に終わらない家事だって、甘い甘い美味しいケーキを食べたら、心が軽くなります。
一つケーキを食べきったら、旅立ちの気分。

甘い誘惑は心の解放の幸せな時間。


おいしい出来事